心の日月|MOVIE WALKER PRESS
MENU

心の日月

1954年1月15日公開,91分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

かつて映画化された菊池寛原作の再映画化で「再会(1953)」の木村恵吾と「黒豹」の田辺朝二とが共同でかいた脚本により木村恵吾が監督する。撮影は「続々十代の性典」の姫由真佐久、音楽は「山を守る兄弟」の米山正夫の担当である。主な出演者は「無法者」の若尾文子、菅原謙二、「母の湖」の船越英二、新人立山美雪、「にっぽん製」の三田隆、「この太陽」の村田知英子、「続砂絵呪縛 雪女郎」の水戸光子など。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

地方の富豪氏家の無理な求婚を避けて岡山の家を出た皆川麗子は東京への車中、銀座のバアのマダム洋子と知り合った。東京についた彼女は早速心の人である同郷の学生磯村に電話して国電飯田橋駅で待合せたが駅の出口が二つあることを知らなかった二人はそれぞれ別の出口で数時間も探し合いながら、ついに合う機を逸した。漸く知った磯村が別の出口にかけつけたときは途方にくれた麗子がタクシーを拾って立去ったあと。数寄屋橋でおりた魔子はもう一度磯村の寮に電話をかけたが、麗子を追って上京した寮の持主でもある氏家を背に控えて磯村の応待は口ごもりがちだった。それを彼の変心と誤解した麗子は寄辺もないままに車中で知った洋子を訪れ、彼女の世話で中田商事の社長秘書として働くことになった。青年社長中田慎一は彼女をひそかに愛するようになったが嫉妬深い彼の妻律子は中田には無断で麗子を解雇した。一方氏家に寮を追われた磯村はふとしたことから中田の妹明美と知合い中田の家に書生として住込んでいた。中田商事を辞めた麗子は洋子の情夫篠原の口利きで百貨店の売子となったが、ここで働くうち前に一度会ったことのある明美と再び会い、妹から麗子の所在を聞いた中田はしばしば売場を訪れた。或日友だちと映画を見に行った麗子は偶然明美と一緒の磯村に会い、去りぎわに彼から有楽橋で待つ旨の知らせをうけたが指定の時刻が来ても彼女は行こうとはしなかった。磯村はそれから毎日有楽橋で彼女を待続けた。クリスマス・イヴの日、中田から求婚された麗子は、一度磯村に会ってから決めようと思い返事は暫らく待って貰うことにした。一方磯村と共にスキーに行った明美は彼に求婚したが、彼の本に挟まれた写真から麗子の存在を知った。帰京した明美から全てを知らされた中田は、磯村と話合ったのち、思出深い飯田橋駅に麗子を呼出し、磯村と彼女を引合わせ、彼自身はいさぎよく身を引いた。

作品データ

製作年
1954年
製作国
日本
上映時間
91分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?