七人の侍|MOVIE WALKER PRESS
MENU

七人の侍

1954年4月26日公開,207分

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「生きる」に次ぐ黒澤明監督作品。本木莊二郎の製作になり、「生きる」のトリオ橋本忍(「花と龍 第一部」)、小国英雄(「美しき鷹」)、黒澤明(「吹けよ春風」)が協力してシナリオを書き、「プーサン」の中井朝一が撮影を担当している。音楽は「広場の孤独」の早坂文雄である。出演者は「太平洋の鷲」の三船敏郎、志村喬、「美しき鷹」の津島恵子、田崎潤「日の果て」の木村功、「求婚三人娘」の多々良純、「花と竜 第一部」「花と竜 第二部」の島崎雪子、千石規子、「秩父水滸伝」の高堂国典などのほか、俳優座の東野栄治郎、土屋嘉男など新劇人が出演している。前半107分・(休憩5分)・後半95分。後に海外向けに短縮版も黒澤監督本人により作られた。ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞、1954年度キネマ旬報ベスト・テン3位。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

麦の刈入れが終る頃、野伏せりがやって来る。去年襲われた村人は恐怖におののいた。闘っても勝目はないし、負ければ村中皆殺しだ。村を守るには侍を傭うことだ、長老儀作の決断によって茂助、利吉等は侍探しに出発した。智勇を備えた歴戦の古豪勘兵衛の協力で五郎兵衛、久蔵、平八、七郎次、勝四郎が選ばれた。菊千代は家族を野武士に皆殺しにされた百姓の孤児で野性そのままの男である。村人は特に不安を感じていたが、菊千代の行動によってだんだん理解が生れていった。村の防衛体勢は整えられ戦闘訓練が始った。刈入れが終ると野武士の襲撃が始り、物見の三人を久蔵、菊千代が倒した。利吉の案内で久蔵、菊千代、平八が夜討を決行し火をかけた。山塞には野武士に奪われた利吉の恋女房が居た。彼女は利吉の顔を見ると泣声をあげて燃える火の中に身を投じた。この夜敵十人を斬ったが、平八は種カ島に倒れた。夜が明けると野武士は村を襲って来た。侍を中心に百姓も鍬や丸太を持って村を死守した。美しい村の娘志乃は男装をさせられていたが、勝四郎にその秘密を知られ二人の間には恋が芽生えた。決戦の前夜、志乃は勝四郎を納屋に誘い二人の体はもつれ合って藁の中へ倒れた。翌朝、十三騎に減った野武士の一団が雨の中を村になだれこんだ。斬り込んだ侍達と百姓達は死物狂いで闘い、久蔵、五郎兵衛が倒れた。怒りに燃えた菊千代は最後の一人を屋根に追いつめたが、敵の弾をうけ、差しちがえて討死した。野武士は全滅した。しかし百姓も数人倒れ、七人の侍の中四人が死んだ。新しい土鰻頭の前に立った勘兵衛、七郎次、勝四郎は、六月の爽やかな風の中で働いている百姓達を静かに眺めた。志乃も何かを振り捨てるように大声で田植唄をうたっていた。「勝ったのはあの百姓達だ。わし達ではない。」田の面をみながら勘兵衛がつぶやいた。

作品データ

原題
Seven Samurai
製作年
1954年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
207分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    5.0
    2016/11/3

     午前十時の映画祭7(セブン)にて4K上映での鑑賞です。
     黒澤明の1954年の知る人ぞ知る世界的名作で、初めて観たのは30年ほど前に当時支流だったビデオでした。白黒でセリフも聞き取りずらかったのに、ものすごい衝撃を受けたことを今でも覚えています。そして、なぜ黒澤明が世界的に凄いとされているかを教えてくれた作品でもあります。
     その後、LD、DVD、ブルーレイとソフト化するたびに購入し、劇場公開でも2度鑑賞しました。それでも、今回の4Kバージョンは今までで一番の高画質、高音質で何よりセリフが聞き取りやすく驚きました。
     また、62年前の白黒映画にも拘らず劇場は満席で(230席)、もちろん高齢者が多かったですが、若い世代の人も全体の2割ほどいたことははうれしかったです。今ヒットしている「君の名は」もいいけど、こっちも・・・という感じです。今更この作品にコメントする気はありませんが、観るたびに世界がなぜこの映画を原点としているか、この映画に感化されたかを思い知らされます。とにかく、この映画にあった褒め言葉だ今の私には思いつきません!!!

    PS:2018年6月9日に午前十時の映画祭9にて、またしても鑑賞してきました。劇場はシアタス調布です。
    この感動は色あせません!!!
     

    違反報告
  • rikoriko2255

    やまひで

    5.0
    2007/2/22

     この作品が傑作であるのは自明のことである。このことを前提としながら、何か欠陥がないかと思い、この作品をもう一度見てみた。
     ストーリーには申し分がない。農民が武士を雇うという奇想天外な思い付きから始まり、侍集め、農民の集団戦への訓練、そして野武士との戦あり、若侍と村の娘の恋ありと、話の展開に飽きが来ないテンポで、やはり脚本の出来が良いか悪いかが、この種の映画の良し悪しの最大の決め手だ。映像構成の点については、この作品中それ程際立つ点はないが、これは野外撮影が多いせいであろう。但し、撮影技術としては、作品後半で緊張した場面ではフィルムのコマを間引きして人に動きを付ける技法が多用されている。この技法は60年代の例えばボンド映画のアクション場面にも良く使われている。さらに、この逆の美学であるスローモーション撮影が、二回、志村がある子供を人質から助け出すために人さらいを刺し殺した場面と剣豪が真剣勝負の果し合いで相手をある寺の境内で切り殺した場面に出てくる。思い出してみるに、この手の映像美学は例えば『ワイルド・バンチ』にふんだんに出ていたのを思い出す。
     俳優としては、三船が一番の儲け役をやっていた。農民と武士の間を取り持つ「三角印」として、また、コメディアンとして。最後に野武士の大将と切り死にするのも三船をこの映画で忘れられなくしているものの一つだ。しかし、僕の個人的好みから言うと、僕にとってこの映画で忘れられない俳優は、剣豪久蔵役をやった宮口精二である。剣の道にかけるストイックな生きざま、自らの手柄を吹聴しない自己克己心、そしてあの苦みばしった、顔の骨ばった輪郭、この役は宮口とって正にはまり役だと言える。
     最後に一言。この作品をアダプトしたという『荒野の七人』で完全に抜け落ちている点である。黒澤のこの映画は、題名からするといかにも侍を主人公にした映画であるように思えるが、この映画の主役は「農民」である。武士に支配される被支配者として、弱いながらも生活の知恵を蓄えながらしぶとく時代を生き抜いていく、その農民達の生活力、生命力への讃歌なのである。このことはいくら凡人でも分かるというもの、それを、黒澤がラスト・シーンで志村に言わせた一言、本当は言わずもがなのことで、これを志村に野暮に言わせていたのが、この映画の唯一の難点といえば、難点かもしれない。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告