恋愛パトロール|MOVIE WALKER PRESS
MENU

恋愛パトロール

1954年4月14日公開,88分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

“週刊サンケイ”に連載された宇井無愁の原作を「家族あわせ」の長瀬喜伴が脚色し、「蛮から社員」の堀内真直が監督している。出演者は「求婚三人娘」の三橋達也、川喜多雄二、「春の若草」の草笛光子、「慶安水滸伝」の三井弘次、「家族会議」の小林トシ子、日守新一などである。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

パトロール・カー二七号車、運転係は串勝男警邏、無線連絡係は夏原貞介警邏である。世話好きな串は夏原と恋中の婦警上月一子に下宿の世話をしたり、ふと知り合った少女昭子とその母でおでん屋の文江の面倒をみてやっていた。或日二人は銀行強盗の共犯者を取り逃したが、実はそれは文江の祖父で前科者の勇吉だった。勇吉はまちような生活をしようと努力はしているのだが、世間は仲々非情で思う様には居かない。夏原の下宿の犬猫病院福井喜代が原に色目長を使うのがもとで、一子は怒って大阪の兄の所へ行ってしまった。その留守に夏原はデパート泥棒を追って負傷したので、串は大阪に一子を訪ね、誤解の晴れた一子は上京して夏原と結ばれた。折も折、暴風警報である。文江や昭子のことを心配した串と夏原はパトロール・カーで文江のおでん屋を訪れたが、二人がそこで発見したのは、かつての怪漢勇吉だった。勇吉はすすんで車に乗った。凡べてを察知してうなだれる文江。三人を乗せたパトロール・カー二七号車は風雪をついて走りつづけた。

作品データ

製作年
1954年
製作国
日本
上映時間
88分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?