悪の愉しさ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

悪の愉しさ

1954年10月5日公開,112分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

読売新聞連載の小説を「かくて夢あり」と同じく猪俣勝人が脚色、千葉泰樹が監督に当り、「母恋人形」の西川庄衛が撮影を「江戸の夕映」の黛敏郎が音楽を担当。主なる出演者は俳優座の新人伊藤久哉、「女の暦」の杉葉子、「噂の女」の久我美子、「緑の仲間」の森雅之、「懐しのメロディー」の日野明子と船山汎、「恋風街道」の東郷晴子のほか、伊豆肇、星美智子等である。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

サラリーマン中根は、冷静な計算で狙った相手を操る事に密かな愉しみを持っていた。同僚亀山と競輪へ行き、巧みな口実で八千円を借りたまま返さない。中根の妻有貴子は夫の無能を軽蔑しながら、間借先の未亡人沢本と夫の仲を嫉妬したりする。中根は社の事務員植松康代と一度結ばれた事がある。康代が同僚の池田と結婚すると聞いて、中根はその関係を種に彼女を陥れようと考える。然し康代は逆に手切金として中根に三千円を渡した。執拗に部屋の立退きを迫る沢本末亡人に、中根は巧みに接近して関係を結ぶ。更に病床についた亀山の代りに、貸金の返済を求めて訪れた亀山の妻も、彼のために征服された。だが中根は妻有貴子とブローカー脇坂の仲を嫉妬していた。同じ日、妻と脇坂は別々の口実で信州へ行った。中根は二人の仲を責めて脇坂から金をとろうとするが、その証拠を掴めない。池田と結婚した康代は、夫が会社の金を費込んでいるのを知り、穴埋めの金策に中根を頼った。彼女の肉体に執着する中根は脇坂の金に狙いをつける。ある夜二人で立寄った酒場ビキニからの帰途、中根は女給を利用してアリバイを作った後、自家用車を運転する脇坂の首をしめて殺した。彼は奪った金を康代に与えたが、彼女は金のため人形のように冷たく体を投出しただけだった。有貴子は疑惑の目を注ぎ、幾度も離婚を要求した。そして或る真夜中、彼は警察に捕えられた。中根が絶対の自信を持っていたアリバイは、あの夜、酒場に近い病院から下を見ていた一患者の証言で一挙に破れたのだった。有貴子は離婚届をすますと、中根に一顧も与えず実家へ帰った。康代からは嘲けるように一冊の聖書が送られて来た。中根は凡てに敗れた。一切を自白した彼は、検察庁の窓から身を投げて死んだ。

作品データ

原題
Temptation to Pleasure
製作年
1954年
製作国
日本
上映時間
112分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?