潮来出島 美男剣法|MOVIE WALKER PRESS
MENU

潮来出島 美男剣法

1954年12月22日公開,89分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ほらふき丹次」の八木隆一郎が、富田常雄の新聞連載小説『潮来出島』を脚色し、「伊達騒動 母御殿」と同じく安田公義が監督に、竹村康和が撮影に当った。主なる出演者は「お夏清十郎」の市川雷蔵が大映契約第一作として主演するほか、「覆面髑髏隊」の黒川弥太郎、「忠臣蔵(1954)」の嵯峨三智子、「宮本武蔵(1954)」の水戸光子など。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

兄の仇討に筑後柳川から江戸へ来た竜四郎は、長刀の使い手だった。柳原堤の茶店で知合った平手造酒と、彼は真剣勝負を試みたが造酒は彼の腕と度胸を認め笑って刀をひいた。竜四郎はこの仕合で彼の身を案じた茶屋の娘お雪と親しくなった。造酒は千葉道場を破門された後、深川芸者お紺の家に身を寄せ、胸の病を知りつつ酒びたりだった。お雪は心から竜四郎と愛するようになったが、祖父の伊作は彼の名を知ると、訳もいわずお雪に交際を禁じた。お雪は知らなかったが、失踪したお雪の父門川好蔵こそ竜四郎の探す仇だった。お雪は一夜若旦那清吉に危い目に合い、通り合わせた好蔵に救われたが、彼は名のらないで立去った。飯岡の助五郎の用心棒に落ちた好蔵は親友造酒を訪れお雪が竜四郎と恋仲である事を聞いて苦しむ。お紺に云いよる速水宗兵衛は造酒に四人の刺客を向けたが、彼等は誤って竜四郎を襲い忽ち四人共斬り捨てられた。造酒はこの罪を引受け、笹川繁蔵の許へ旅立った。伊作に死に別れたお雪はお紺と共に下総へ向った。其頃繁蔵と助五郎の大出入があり、造酒と好蔵は故意に相打ちをして手をとりながら共に息は絶えた。竜四郎は武士をすてお雪と共に生きる決心をした。

作品データ

製作年
1954年
製作国
日本
上映時間
89分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?