水戸黄門漫遊記 闘犬崎の逆襲|MOVIE WALKER PRESS
MENU

水戸黄門漫遊記 闘犬崎の逆襲

1954年12月14日公開,85分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「水戸黄門漫遊記 地獄極楽大騒ぎ」に次ぐ水戸黄門シリーズ。前作と同じく尾形十三雄の脚本を伊賀山正徳(継母)が監督し、杉田正二、高橋半が撮影、音楽を担当する。月形竜之介、明智三郎、加賀邦男、千原しのぶが前作と同じ役を演ずるほか、「残月一騎討ち」の喜多川千鶴、「忠臣蔵(1954)」の薄田研二、「母を尋ねて幾山河」の松島トモ子、新人夏木葉子などが出演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

黄門は助さん格さんにお蝶を連れ、讃岐高松に現れた。城主松平頼常は黄門の実子だが、意外にも領民が領主の悪口を云っているのを聞き、助さんと格さんに頼常を奪い取って来さした。頼常は百姓に姿を変え、一行と共に先代の墓参に仏生山へ行く。途中で茶店の老爺から、代官が修玄者玄斎と計り、堤防の人柱としてお咲という娘を連れ出したのを聞く。代官はお咲に言寄ってはねられ、父親まで水牢に入れる。お蝶は代官屋敷に乗込み、色仕掛けでお咲親子を救出す。山頂の寺で一行は士佐藩主山内豊茂に会う。彼は謀叛の疑いで松平家にお預けの身であるが、頼常はそれが家老円行寺の陰謀で豊茂は無罪である事を告白する。土佐への道中で、黄門は可愛い子供馬子新吉に会い、この少年が岩牢に捕れている忠臣天竺右近の子であるのを知る。其頃土佐の城下で毎夜化け猫が現れ、円行寺一味を悩ましたが、それは右近の弟子達の仕業だった。黄門はすぐ助さんを高松に走らせて豊茂と頼常を呼ばせ、右近の弟子山形と力を合せて右近を救出したが、黄門と新吉が捕われ、闘犬崎で死刑に処せられようとする。間一髪の所へ右近の仲間が斬込み、格さんとお蝶は十数頭の猛犬を卒いて乗りこむ。そこに豊茂と頼常も騎馬でかけつけ、悪漢一味はことごとく成敗された。

作品データ

製作年
1954年
製作国
日本
上映時間
85分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?