嵐を呼ぶ男(1966)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

嵐を呼ぶ男(1966)

1966年12月10日公開,95分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

井上梅次の原作を、「栄光への挑戦」の池上金男がシナリオ化し、舛田利雄が監督したもので、石原裕次郎主演の同名映画の再映画化作品。撮影は「けんかえれじい」の萩原憲治。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

福島慎介とシックス・ジョカーズのドラマー、チャーリー桜田は、華麗な演奏と美貌で人気の的だった。慎介の妹で楽団のマネージャー美弥は、チャーリーとできていたが、チャーリーの浮気にほとほと愛想をつかしていた。美弥はある日、場末の三流小屋でみつけた国分正一の、粗けずりのドラムに現代の息吹を感じた。鍛えたらきっとものになると美弥の直感が働いた。偶然、チャーリーはTVの出演に穴をあけた。美弥は正一を無理失理引っぱってきてその穴埋めとした。これは意外にも大成功で、音楽評論家の左京も正一のスティックさばきを激賞した。怒ったチャーリーは退団し持永プロに走った。正一はジョカーズに引き抜かれ猛烈な練習を強いられたが、正一はよくそれに耐えた。正一の腕はめきめきとあがった。美弥を狙う左京は、正一が美弥と左京を取り持つことを条件に、正一の売出し記事を書き出し、そして日本一を争って、チャーリーと正一のドラム合戦を計画した。ところがその前の晩、酔った正一はチャーリーと踊り子メリーを争って、チャーリーの用心棒と喧嘩し、右手をケガしてしまった。翌日、超満員の観客を前に二人はドラムを叩きまくった。しかし、右手の利かない正一は次第に押された、がいきなり正一はマイクをつかむと唄い出した。“俺らはドラマー、やくざなドラマー”そのやけっぱちな力強い唄は完全に観客の心をつかんだ。歌うドラマー正一は日本一となった。正一の弟英次は大学に通いながらレーサーを夢みていた。だが、母親で教員の正子は、やくざな正一を嫌い、英次に希みをかけていた。ドラマーとして日本一の正一を尊敬する英次は、大学を断念、プロレーサーに転向した。その弟のことを知った左京は、美弥を早く取り持たないと弟をレースに出られないようにすると脅迫してきた。しかし、左京を嫌いぬく美弥の心を知った正一は、その申し出を断った。左京は怒って正一に呼び出しをかけた。いまは、美弥を愛する正一は、チャーリーと手を組む左京の挑戦に堂々と向って行くのだった。

作品データ

原題
The Stormy Man
製作年
1966年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
95分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?