柔道開眼|MOVIE WALKER PRESS
MENU

柔道開眼

1955年9月28日公開,102分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

地方各新聞に連載された秋永芳郎の小説を「あっぱれ腰抜け珍道中」の中山隆三と「八州遊侠伝 源太あばれ笠」を監督した岩問鶴夫が共同脚色し、同じく岩問鶴夫が監督、「「オリーブ地帯」より 第二の恋人」の斎藤毅が撮影を担当した。主なる出演者は、「「オリーブ地帯」より 第二の恋人」の菅佐原英一、紙京子、「花ひらく(1955)」の伊沢一郎、「お役者小僧 江戸千両幟」の宮城野由美子、「遠い雲」の柳永二郎、「おんな大学」の川喜多雄二など。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

明治もなかばを過ぎた頃のこと--真船五郎が良移心頭流の泉竜太郎を頼って、はるばる郷里岩手から上京した。過日の警視庁武術大会で講道館の横川作太郎に敗れて以来、竜太郎は病床に臥していたが、息子の猛房とその妹珠子は幼馴染の五郎を快く迎えた。まもなく竜太郎は警視庁武術世話係を解かれ、横川がそれに代った。その頃、五郎は講道館に通い、横川に師事していたが、それを知った猛房のために泉家を追われ、親友の新聞記者小坂の下宿に移った。ある日、馬車にはねられた少年を助けた五郎は、立花加代子と知り合った。加代子は五年前に別れた横川の娘だった。加代子を嫁にとすすめる横川の言葉に五郎が応じなかったのは、珠子の面影が忘られなかったからだ。その直後、暴漢と喧嘩をした五郎は講道館を破門された。しかし、彼の前途を惜しむ横川は、鎌倉の寺に預けた。一方、父に死なれた珠子は、兄猛房が日向へ修行の旅に出たあと、叔母の料亭に身を寄せているうち、市会議員の酒井から妾になれといい寄られ、それを救ったのは小坂だった。小坂は新聞社乗取りをたくらむ酒井に筆誅を加えたことから、酒井一味の暴漢に襲われた。五郎は小坂の病室で思いがけなく珠子に逢い、猛房が帰京していると聞いた。その猛房から果し状を受け取った五郎は、上野寛永寺境内で、泉門下の鬼鞍と門馬を叩きつけ、猛房は初めて道と術のちがいを目のあたりに見たと感動するのだった。駈けつけた珠子を、猛房は五郎に押しやって「真船君……妹を貰ってくれないだろうか」といった。

作品データ

原題
The Dawn of Judo
製作年
1955年
製作国
日本
上映時間
102分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?