恋すれど恋すれど物語|MOVIE WALKER PRESS
MENU

恋すれど恋すれど物語

1956年8月1日公開,90分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

今春、東京宝塚劇場で上演された菊田一夫原作によるミュージカルの映画化である。菊田一夫が自身脚色、「泣き笑い土俵入り」の斎藤寅次郎が監督、「箱入娘と番頭」の西垣六郎が撮影を担当した。主な出演者は「あなたも私もお年頃」の雪村いずみ、田端義夫、「宝島遠征」のエノケン、「極楽大一座 アチャラカ大当り」のロッパ、トニー谷、「五十年目の浮気」の金語楼、「続二等兵物語 南方孤島の巻」のアチャコ、「ボロ靴交響楽」の宮城まり子「疾風!鞍馬天狗」の大河内傳次郎等。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

南蛮渡来の爆薬を江戸城へ送る任務を受けた唐津藩の袖下と沙羅利は、町人八兵衛、留吉を武土に仕立て、その名も連日連夜斎と武蔵大和。二人に偽の爆薬入り壺を持たせ、自分達は八兵衛の養女お玉を呉羽姫と名乗らせ、本物の壺を持ち東上する。一行をめぐり江戸の密偵陣野陣十郎とおつた、さらに海賊石松と女房おかく山賊天五坊、スリのおたねとお時親子が壺を狙う。宿場の第一夜、連夜斎はおかくに、袖下らはおたねに壺を盗まれた。だがおかくの隠した壺も見つけ途方にくれたおたねは、人の気配に二つ共元へ戻し姿を消す。翌朝、呉羽姫一行と連夜斎たちは壺を違えて出発する。やがて山間で天五坊一味に襲われた連夜斎と大和は、逃げる途中、山中の男なし村へ迷い込む。女群の歓待に閉口した二人は、追ってきた天五坊に後を託して一目散。やっと乗った船には呉羽姫や石松、おたねらも同船。しかし大嵐で船は沈没し、連夜斎はおたねに壺を取られる。呉羽姫は海中に投げ出されながらも壺を守り、ようやく江戸城に到着。いざ実験となったが壺の中味は一向に爆発しない。その上お玉は正体がバレて追放。袖下らは捕われの身となった。一方、江戸へ着いた連夜斎と大和は、お玉から壺がなければ袖下らが死刑になると聞き、おたね探しに大童わ。揚句の果て、おたねの家で胃海ようで死んだおたねの幽霊から壺の在所を聞いた二人は城中へ急行。褒美に偽物の壺を貰うことになった。

作品データ

製作年
1956年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?