裸の町(1957)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

裸の町(1957)

1957年7月11日公開,113分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

劇作家・真船豊の同名原作の映画化。金欲に狂う庶民生活の赤裸々な姿を描く。「智恵子抄(1957)」の八住利雄が脚色、「雨情」の久松静児が監督した。撮影は「あらくれ(1957)」の玉井正夫。主演は「山鳩」の森繋久弥、「体の中を風が吹く」の淡島千景、「忘却の花びら (完結篇)」の池部良、淡路恵子、志村喬、「近くて遠きは」の杉村春子。ほかに浪花千栄子、山崎猛、山茶花究、織田政雄など。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

クラシック音楽が好きな富久は、その趣味を生かしてクラシック・レコードの専門店「ロゴス堂」を開いているが、商売は不振で、その上生来の人の良さから友人の借金まで背負込んで、そのため高利の借金に苦しんでいた。富久をとり巻く高利貸の一人、増山はやはり富久の債権者の一人商売仇の大高利貸榊原に一泡ふかせるため、出し抜いて富久から金を取り立てようと企んだ。そして、富久を甘言でつり、ロゴス堂を明渡させ、その権利金三十万円を取り上げてしまった。富久の妻喜代は、最初から増山を疑ってはいたが、こうして住む家も奪われてしまったのに無気力でいる夫に愛想がつきて、ひとりで故郷に帰るといい出した。いまは何事もあきらめた富久は、その喜代を駅に送った。一方、榊原は増山に出し抜かれたと知り激怒して、この仇を必ず討つといきまいた。その頃、増山の冷酷さ、えげつなさにようやく嫌気がさした妻のさくは、増山が銀行にも預けずに床下に隠しておく莫大な金をこっそり持ち出して、もうこれ以上増山が没義道なことをしなくてすむよう、街の金融機関さくら相互協会に持ち込んだ。ところが、この協会こそ実は榊原が黒幕のインチキ金融業なのだ。これを知った増山は、さくを殴りつけると狂人のようになって榊原の家に飛んで行った。うまうまと彼の金をまき上げ仇を討った榊原は、そんな増山の姿をせせら笑った。--扉を深く降したさくら相互協会の前で、へそくりを預けた庶民たちが蒼い顔で騒いでいる。その中には、増山とさくとその子供たちもいた。その場に、とぼとぼ富久がレコード・ケースを下げて通りかかると、その前に微笑を浮かべた喜代が立った。喜びに顔を輝かす富久。そして、生命と一緒に大切にして来たレコードを売って夜店を出す、という夫の計画に喜代は新たな明るい希望を持った。

作品データ

製作年
1957年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
113分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?