「夢に罪あり」より 処女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

「夢に罪あり」より 処女

1957年7月23日公開,104分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

柴田錬三郎の原作『夢に罪あり』から「花は嘆かず(1957)」のコンビ田畠恒男が脚色・監督し、布戸章が撮影を担当した。主演は、東映をやめてこれがフリー第一回作品となる、松竹初出演の田代百合子、「嵐の中の抱擁 おもかげは遥かなり」の菅佐原英一、「赤城の血煙 国定忠治」の島崎雪子、「母と子の窓」の浅茅しのぶ、「わが胸に虹は消えず (二部作)」の上原謙、「異母兄弟」の中村賀津雄。ほかに、中川弘子、沢村貞子など。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

長女の三津枝は亡父の跡を継いで女医、次女の千鶴は書店に勤めるサラリーガール、三女の由香は洋裁学校の生徒という女ばかりの江上家に、川伏待太郎という風変りな男が居候になった。彼は江上家の亡父の知己で、印度に真珠の研究に行っていたのだ。その彼は、ある日会社を辞めた退職金で江上医院にテレビを贈ると、下宿を探して飄然と引越して行った。その頃、千鶴は勤先の社長佐伯に、彼の友人の仏文学者間木との縁談をすすめられた。ある日、間木と千鶴は音楽会へ行くことになったが、遅れて来た間木は意外にも姉の三津子と一緒に会場に入って行った。実は、間木は三津子を見染めたのだが、佐伯の思い違いで千鶴と話が進められてしまったのだ。そのわけを知らない千鶴にはショックだった。会場からしょんぼり立去る彼女を、たまたま通りかかった松阿久一が呼止めた。彼女は捨鉢気味に彼と同行し、その夜はひどく酔った。かねてから千鶴に横恋慕していた久一は、この機会を逃さなかった。翌朝、温泉マークの一室で目覚めた千鶴は激しい後悔にさいなまれた。そして川伏の下宿を訪れ、家には帰れぬからここに置いてくれと泣き伏した。そんな彼女に、彼は以前から千鶴を愛しており、ここに下宿したのも彼女に会うのが苦しくなったためだ、と打明けた。一方、三女の由香には境六郎という公然の恋人がいた。彼は三津枝の戦死した愛人の弟であった。だが六郎は、由香とは別に、三津枝に対して強い憧れを抱いており、それが容れられぬと知ると、これも川伏に想いを寄せてかなわぬ、宝石デザイナーで、密輸団の手先由子と共に失踪した。だが、六郎の本当の心を知っている三津枝は、由香に思い当る箱根へ追わせた。そして、打ち沈んでいる千鶴には、愛情の尊さを説き、勇気づけて、彼女を川伏のいる信州へ発たせた。こうして、妹二人の幸せを見守りながら、姉の三津枝は間木の求婚も断わり、ひたすら医者の仕事に生きるのだった。

作品データ

製作年
1957年
製作国
日本
上映時間
104分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?