竜虎捕物陣二番手柄 疾風白狐党|MOVIE WALKER PRESS
MENU

竜虎捕物陣二番手柄 疾風白狐党

1957年12月8日公開,52分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「竜虎捕物陣一番手柄 百万両秘面」の続篇。脚本・結束信二、監督・内出好吉、撮影・松井鴻と前作に同じく、主演も伏見扇太郎、尾上鯉之助、星美智子、円山栄子と変っていない。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

目明しの十文字屋虎吉は、子分の三太と、初春の賑いをみせる浅草観音に出かけたある日--奥女中風の女が浪人者にとりすがって、お供をして来たお嬢さんの行方をたずねているのをみた。ところが側用人風の武士があらわれて奥女中をなだめて連れ去った。三太は浪人者のあとをつけ、虎吉は武士のあとをつけた。二人の入ったのは旗本島原右内の邸で行方不明になったのは娘の美代とわかった。その頃、浪人をつけていた三太は逆に捕えられてしまったが、虎吉の朋輩で大目付奥村好左衛門を叔父にもつ早川竜太郎に危機を救われた。同じ夜、旗本大橋采女正の屋敷から娘の勝代が、何者かにさらわれた。通りすがった竜太郎は賊の放った小柄を拾った。これは野武士の持物であった。一方、右内と采女正の身辺を洗ってみると、二人は共に甲州狐ケ嶽一帯を所領し、数年来に異例の昇進をした狡猾の噂高い悪旗本であった。そして狐ケ嶽一帯に住む白狐党と呼ばれる野武士の一族の不穏な動勢があることもわかった。ある夜、美しい娘美代を連れた竜太郎が虎吉のところにやって来た。美代は白狐党の長、古礼石玄馬の娘で右内たちが狐ケ嶽の莫大な砂金を持去った悪事を話した。古一味はこのことの露顕するのを恐れ、白狐党を滅さんとした。三太を奥村好左衛門のもとに走らせ虎吉と竜太郎は島原一味のあとを追った。暗雲低迷する狐ケ嶽では、山塞の前の広場で白狐一党と右内たちの軍勢が対決し、一触即発の危機に直面していた。そして美代と勝代の命も危うくなった。しかし竜太郎の活躍で二人は救いだされ、旗本と白狐党の争いも、甲府勤番や奥村好左衛門のはからいで無事おさまった。晴れた街道--狐ケ嶽を背にして虎吉、竜太郎に美代、勝代たちが明るい表情で江戸に向かって歩いていた。

作品データ

原題
Secret of Million Dollar Part 2
製作年
1957年
製作国
日本
上映時間
52分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?