愛情の都|MOVIE WALKER PRESS
MENU

愛情の都

1958年1月21日公開,100分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「続青い山脈」の井手俊郎の脚本を「肌色の月」のコンビ、杉江敏男が監督、完倉泰一が撮影した哀愁メロドラマ。主演は「青春航路」の宝田明、「続青い山脈」の司葉子。ほかに「脱獄囚」の草笛光子、「青春航路」の団令子、小泉博、「地球防衛軍」の白川由美、「続青い山脈」の淡路恵子。色彩はイーストマンカラー。パースペクタ立体音響。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

村田産業社長村田鉄平の息子邦夫は、鉄平の後継者として修業中の身であったが、女中の子ということから放蕩の生活を送っており、皆を心配させていた。ある日、邦夫は洋酒喫茶「カビリア」のマダム美也子の義妹愛子に会った。愛子は気の乗らぬ結婚を強いられるのを嫌って美也子のもとで働いていたのだった。「海を見たい……」という愛子と一日東京湾に遊んだ邦夫は愛子に恋を打ちあけた。愛子も数々の悪評にもかかわらず、邦夫がほんとうは心やさしい淋しい人だと知ったのだが……。邦夫の放蕩を心配した鉄平は、友人の自動車会社の社長の娘原口照子と邦夫を一緒にしようと考えていた。これを知ったもと鉄平のもとに奉公していた吉井梅子は「カビリア」にやって来て美也子に愛子と邦夫の仲をさくように言った。このことから愛子は美也子と喧嘩、夜の街にさまよい出た。この頃、邦夫は情婦のエリ子と別れるため、最後の一夜をナイト・クラブへやって来た。偶然顔を合せた愛子は、エリ子の口からすべてを知って邦夫の前から姿を消した。やがて、場末の三流バー「枯葉」に荒み切った愛子の姿が見られた。そして今はすっかり真面目になった邦夫の真心にうたれてやって来た美也子の声にも耳を傾けようとしなかった。そして雪の中を尋ねてきた邦夫にも「もう私にかまわないで」と冷たくいうのだった。淋しく「枯葉」を出た邦夫をナイフを持ったエリ子が待っていた。そして……。傷ついた邦夫の枕辺には、いつか愛子が寄りそっていた。

作品データ

原題
City of Love
製作年
1958年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
100分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?