白い悪魔|MOVIE WALKER PRESS
MENU

白い悪魔

1958年1月22日公開,98分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

原田康子の『夜の出帆』の映画化で、「湖水物語」の共同脚色者植草圭之助が脚色、「峠(1957)」の斎藤武市が監督したメロドラマ。撮影は「白夜の妖女」の横山実が担当した。主演は「女であること」の森雅之、「禁じられた唇」の野添ひとみ、「十代の罠」の渡辺美佐子、「夜の牙」の岡田眞澄、「九人の死刑囚」の小林旭。ほかに清水将夫、大森義雄、稲垣美穂子、草薙幸二郎、浜村純、伊藤寿章、松下達夫などが助演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

白戸朝子は祖父で牧場主の宗太郎が死んだので、洋装店主牟田口克介の許にひきとられることになった。宗太郎から引継いだ克介のモットーは、朝子を美しく伸びやかに育てるということだった。朝子は十七歳、克介の意に反してお転婆に育っていった。彼女は女子美術大学の入試に合格し、上京した。十月になって克介も上京した。二人は銀座を歩き、ナイトクラブで踊った。あたかも恋人同士のように。克介のホテルに来た朝子は、その豪華な調度のせいか、むやみと興奮していた。克介は彼女の奔放さに、何かいたたまれなくなってホテルを出た。ホテルで一睡もしないで待っていた朝子は、外泊した克介をけがらわしく思った。克介は東京からの帰り、青函連絡船の中で、旧友の木谷に会った。木谷は克介の話を聞いて、二人の関係を恋愛関係と断定し、朝子に父親であることを示すために、デザイナーの邦子との結婚をすすめた。一方朝子は、十一月の連休に北海道へ帰った。しかも退学届を出し、今後克介の店を手伝うというのだ。クリスマス・イヴ、克介が帰宅すると朝子は二人だけの聖夜を楽しもうと部屋を飾って待っていた。しかし、克介が邦子との結婚を口にすると、朝子は家をとび出した。その後へ、木谷と邦子が来た。木谷は自分の考えが間違いだったと云い、世間の非難を受けても朝子と結婚すべきだと話すのだ。明けて二十五日は洋装店のファッションショウ。朝子は他人のウエディング・ドレスを着るが早いか舞台へ上ってしまった。場内は騒然となった。朝子はその衣裳をつけたまま姿を消した。その夜、克介は出帆直前の連絡船の甲板で朝子を見つけた。「朝子はパパのお嫁さんになるんだ……」克介は朝子にこう云った。

作品データ

原題
The Budding of Love
製作年
1958年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
98分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?