女王蜂(1958)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

女王蜂(1958)

1958年2月15日公開,76分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

牧源太郎の原作を、「稲妻奉行」の共同脚色者内田弘三が脚色、「荒海の王者」の田口哲が監督、西本正が撮影した活劇もの。主演は「童貞社員とよろめき夫人」の中山昭二と「坊ちゃん天国」の久保菜穂子。助演は天知茂、三原葉子、大谷友彦、横山運平、小高まさるなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

関東港一家の親分鉄太郎が病に倒れ、その一人娘お竜が跡を継いだ。お竜がそうしたのは、幼馴染の由利俊介がやくざを嫌って船乗りになってしまった故である。横浜の新興ボス真崎は港一家の縄張りを狙っていた。港一家の子分は続々真崎の側へ寝返り、お竜の下には康次ら数人しか残らなかった。康次の妹、由美を真崎組の鉄らの暴力から救ったのは、ちょうど休暇でお竜に会おうと帰ってきた俊介だった。彼はむしろ由美にひかれた。若き日のお竜が偲ばれたからだ。お竜はそれを知り、彼をあきらめ、一家再興にうちこんだ。が、一家の唯一の財源であるマーケットを火事で失ってしまったのだ。彼女は再建資金を調達せねばならなくなった。あてにした所からは全部断られた。双葉商会の宮川という男が、出そうと言った。その金が真崎から出たのを、お竜は知らぬ。約束の期日まで返済出来ねば、マーケットとお竜の身体をいただくとも言った。返済の日が近づき、金は出来そうもなかった。お竜は鉄太郎の追善花会を開き、関東一円の親分どもを集めた。お竜は勝ち続けた。が、警察の手いれがあり、金はフイになった。--その筋には事前にしかるべく手を打ってあったのに。真崎の妨害ではなかろうか。俊介は由美からこの話を聞くと、真崎から麻薬密輸を条件に三百万円を前借し、お竜に渡した。お竜は涙を流して喜んだ。俊介はお竜を哀れみ、二人は抱きあった。お竜は真崎が港一家打倒の陰謀をこらしている確証をつかんだ。彼女は真崎と対決しようと、波止場で彼を待った。俊介を先頭にした港一家と真崎組の乱闘が始った。真崎が現れ、彼の拳銃とお竜のそれが同時に火を吐いた。お竜は真崎の手首を狙い、拳銃を捨てさせようとしたのだ。が、自身は体に弾丸を受けた。真崎は警察に捕り、お竜は俊介の胸で死んだ。わたしの分まで由美を可愛がってと俊介に言い残した。霧が波止場に押し寄せ、霧笛がいたずらに鳴っていた。

作品データ

製作年
1958年
製作国
日本
上映時間
76分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?