太閤記|MOVIE WALKER PRESS
MENU

太閤記

1958年8月10日公開,101分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

吉川英治の原作を、「直八子供旅」の井手雅人が脚色、「現代無宿」の大曾根辰保が監督したもので、お馴染藤吉郎・信長・小六が活躍する物語。撮影は「現代無宿」の石本秀雄。「天保水滸伝」の高田浩吉、「大岡政談 謎の逢びき」の松本幸四郎・瑳峨三智子、「暖簾」の山田五十鈴のほか、近衛十四郎・森美樹・高野真二・幾野通子などが出演している。色彩はイーストマン松竹カラー。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

戦国時代。尾張国中村の郷士木下弥右衛門の子として、日吉丸は生れた。父の死後、彼は光明寺にあずけられた。あまりの乱暴さに寺を追われ、家に帰ったが新しい義父との間で苦労する母に別れを告げ、亡父遺愛の刀を腰に旅立った。失矧川の橋の上で、野武士蜂須賀小六に拾われたが、彼は野武士に満足せず、さらに良主を求めて旅立つ。尾張清州の城下で、彼は信長に出会い、死を賭して直訴した。彼は信長に召しつかえることになり、名を藤吉郎と改めた。その努力を認められ、草履番から台所奉行、厩奉行とトントン拍子に出世した。藤吉郎は足軽組頭浅野の娘・寧子を秘かに恋していた。が、彼を常常かばってくれる前田犬千代が人を介して寧子を嫁に求めているときいて、半ばあきらめる。しかし、まだ犬千代が彼女の承諾を得ていないと判ると、彼に寧子とは前前からの恋仲と言い放つ。犬千代は信長の寵臣山淵を今川方の間者と知って斬り、信長の勘気をこうむる。彼は寧子と藤吉郎の幸せを祈って他国へ旅立った。永祿三年、三万余の今川勢が攻め入ってきた。が、織田方はその十分の一の小勢にもかかわらず、桶狭間の急襲でこれを破った。斬込隊の中には藤吉郎はむろんのこと、駈けつけた犬千代の顔も見えた。彼は帰参を許され、その媒酌で藤吉郎は寧子と結婚した。信長は岳父の怨みをはらそうと美濃侵攻を企てた。その足掛・州股の築城の大任が藤吉郎に割りあてられた。佐久間・柴田・織田勘解田の三家老がすでにそれに失敗していた。藤吉郎は小六をたずね、その協力を乞う。小六は織田に従わぬ家柄だったが、彼の熱弁と、僧えけいの助言に、藤吉郎と結ぶことになった。野武士の力で築城はなり美濃軍を奇襲し、全滅させることができた。その功で、藤吉郎は羽柴秀吉と名乗って州股城主となった。小六が後見役だ。--街道を、秀吉の行列が進み、母お奈加と姉おつみが迎えた。

作品データ

原題
Taikoki
製作年
1958年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
101分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?