母の旅路(1958)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

母の旅路(1958)

1958年9月21日公開,92分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

川口松太郎原作の母物でサーカスの花形だった三益愛子が令夫人となるが、またサーカスに舞い戻り夫と娘の幸福を一人祈るという物語。脚色は「サザエさんの婚約旅行」の笠原良三、監督は「踊子」の清水宏(1)が久方振りに担当する。撮影は「夜霧の滑走路」の秋野友宏。「風流温泉日記」の三益愛子、「素っ裸の青春」の仁木多鶴子、「ぶっつけ本番」の佐野周二をはじめ、金田一敦子・藤間紫らが出演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

お京はタイガーサーカスの花形で、戦時中このサーカス団にころがり込んでお京の夫となった病弱な晋吾の代りに、実質上の団長格でもある。娘の泰子はまだ中学生だが芸の才能はすばらしく、お京は泰子が後継者となる日を楽しみにしている。だが泰子自身は高校へ進みたいと思っていた。ある日晋吾は幼馴染の伊吹和子にあい、実業家だった彼の父の遺産を和子があずかっているのを知り、実業家として再出発しようと決心する。お京はサーカスを止めることに反対だったが、夫や娘の将来を考えて座員達と別れた。お京は奥様修業に身を入れるが、晋吾や泰子はそんなお京を半ば頼もしげに、半ば心配そうに見守っている。その頃、お京は泰子の学校の授業参観やPTAの席上で常識はずれの失敗をやり、他の父兄からヒンシュクされるという事件が起った。そのあと、泰子の誕生日に級友達を招待したが、来たのは和子の娘光子だけだった。以来、泰子は学校へも行かなくなった。晋吾の社長就任の祝賀会でも、お京の善意がまたまた失敗をまねいた。来賓たちは彼女の前身を噂しあい、一方、晋吾と和子の過去のロマンスまでが口の端にのぼった。お京はいたたまれぬ思いだった。一生懸命やろうとすればするほど夫や娘に恥をかかせることになる--お京は泰子の身柄を和子に頼んで、ついに家を出、サーカスに帰った。いまは気持を直して通学する泰子は、サーカスの巡業先に母をたずね、家へ帰ってくれるようとりすがったが、お京は聞き入れず、“ママと一緒にここにいます”という泰子を冷たく追いかえした。そのお京の瞳には、熱い涙がひかっていた。

作品データ

製作年
1958年
製作国
日本
上映時間
92分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?