警視庁物語 顔のない女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

警視庁物語 顔のない女

1959年2月18日公開,74分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

東映お馴染の警視庁物語シリーズの第九話。「濡れた瞳」の長谷川公之の脚本を「今は名もない男だが」の村山新治が監督、「母と娘の瞳」の高梨昇が撮影した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

土曜日の午後--人々が憩いと喜びのうちに平和なひとときを楽しむ間にも犯罪は起り、刑事たちからその休日を奪う--。惨たる兇劇--荒川土手に女のバラバラ死体が上る。死体は胴の部分だけ。そのうち対岸に両足が発見された。解剖の結果同一人物の胴と足であることが判明した。しかも被害者は三十歳前後の女、死亡推定日は三日前、死体は絞殺後切断されたこと、足の長さから身長は一米五五センチ、卵巣の手術の跡……等のことが同じく判明した。唯一の手掛りとも云うべき証言--新荒川大橋で三日前「5す21……」と云うナンバーの車から一人の男が何かを投げ込もうとしていた--も実験の結果は芳しいものではなかった。ついに手と首が発見されたが腐敗がひどく人相は分らず相変らず身許がわれない。死体の顔から出た義歯と隆鼻用の象牙、それに自動車のナンバーをたよりに刑事達の足が四方に飛ぶ。歯科医により被害者はキャバレーの女給小沢初江と分った。先ず初江と関係のあった成田が線上に浮上るが成田にはアリバイがある。次に自動車のもとが分り、張り込んだ刑事の手で車の主、吉岡が捕えられた。が、吉岡にはひき逃げやハンケチタクシーの余罪はあったがこの事件の真犯人ではなかった。しかし事件当夜仙ちゃんと云う男に車を貸したと云う吉岡の妻の証言によって、仙ちゃんこと米倉仙三と云う性格異常の男が事件の表面に浮かび出た。遂に仙三の巣、「ダルマ船酒場」が明るみに出た。一方仙三の家を洗うと、被害者のハンドバッグと血痕を発見、仙三が初江の預金何十万を引出した事が判明した。やがて愛人キミ子と密会するために岸壁にやって来た仙三と張込む刑事との息づまる闘いの後、仙三の腕に手錠が深々と喰い込んだ。

作品データ

原題
Dismembered Corpse
製作年
1959年
製作国
日本
上映時間
74分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?