リメインズ 美しき勇者たち|MOVIE WALKER PRESS
MENU

リメインズ 美しき勇者たち

1990年2月10日公開,107分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

大正末期の北国の山村を舞台に、人喰い熊と5人のマタギ衆との壮絶な戦いを描く。JAC(ジャパン・アクション・クラブ)創立20周年記念作品で脚本は佐藤繁子が執筆、監督はJAC主宰の俳優千葉真一でこれが第一回作品、企画・監修に「華の乱」の深作欣二、撮影は藤原三郎がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大正末期の北国。マタギ衆とその家族は、鷹の爪と呼ばれる山村に住んでいた。マタギ衆の射手・鋭治は、幼なじみのユキと2年ぶりに再会した。小さい頃から正義感が強く、男まさりの激しい気性を持ったユキは、あと2年残っている庄屋の奉公を喧嘩してやめて来てしまったのだった。そんな時、ユキの実家で大惨劇が起こる。ユキの父、母、弟の3人が“赤マダラ”と呼ばれる巨大な人喰い熊によって惨殺されたのだった。翌朝、鋭治やシカリ(統率者)の嘉助を含めた5人のマタギ衆が赤マダラ退治に出発した。ユキも連れて行ってほしいと懇願するが、女は山に入れないという掟があるために断られる。その日以来ユキは愛犬・芽留と共に姿を消した。その後も赤マダラは各地で殺りくを繰り返すのだった。何日かたち、マタギ衆が赤マダラらしき熊を見つけて追いつめた時、突然子供のマタギが飛びこんできて、熊を打ち倒す。そのマタギは子供でなくユキだった。復讐の鬼と化したユキは倒した熊が赤マダラでないことを知ると、自らが囮となって赤マダラを呼びよせた。そして、鋭治と共に赤マダラに立ち向かうユキは死闘の末、遂に赤マダラを倒したのだった。

作品データ

製作年
1990年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
107分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?