香港パラダイス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

香港パラダイス

1990年4月28日公開,98分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

世紀末の混沌を象徴する香港と東京を舞台にミステリアスな事件に巻き込まれたヒロインの活躍を描く。脚本・監督は「どっちにするの。」の金子修介、共同脚本は「まんだら屋の良太」の高橋正康と長谷川隆、撮影は「どっちにするの。」の高間賢治がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

湯川真美子はパリに憧れる23歳のかけ出しツアーコンダクター。ところが突然命じられた添乗は花の都どころか一度も訪れたことのない香港だった。“香港の秘宝〈キング&クイーン〉盗難の捜査進展せず”のニュースが流れる香港に着いた一行に得体の知れぬ男大石がまとわりついてくる。大石はツアーの客の一人安東を追っていたのだった。だが秘宝盗難に関わっていた安東は、真美子にキーワードを囁いて胸から血を流して崩れ落ちた。そして大石はそんな真美子の手を引き、逃げ出した。真美子からキーワードを聞き出そうとする大石だったが途中折悪く上演中だった「中国魔術ショー」の舞台に飛び出した真美子は強烈な催眠術をかけられ記憶喪失になってしまう。ガク然とする大石、そこへ追っ手が迫り、真美子は海の中へと投げ出されてしまった。ところが運良く大石の知り合いの楊夫人に助けられ、偶然を喜ぶ大石だったが真美子の記憶は依然戻っていなかった。そんな真美子と日本へ戻った大石は姪で事務員のかおりの協力を得て真美子の記憶取り戻しに必死になっていたが、東京にも秘宝奪還を狙う殺し屋周や平田や藤本、さらに正体不明の男氷室も登場して、秘宝をめぐる人間達の渦は混乱し争奪戦は激しさを増してゆくのだった。そんなショックで例のキーワードを思い出した真美子は大石と共に再び香港へ向かった。そして、遂にキング&クイーンを手にした時、また殺し屋たちが二人を追いつめるのだった。そして、危機一髪のところを何とか逃れた二人だったが、秘宝は氷室の手に渡ってしまう。氷室は実は保険会社の調査員で盗まれた秘宝の行方を探っていたのだった。結局、秘宝を逃した二人だったが、いつしか大石は真美子に想いを寄せるようになっていた。そして、「中国魔術ショー」の珍によって記憶を取り戻した真美子は、夢から覚めたかのように元の生活に戻るが、数日後、大石と再会した真美子は大石に自分の想いを伝えるのだった。

作品データ

製作年
1990年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
98分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?