山田ババアに花束を|MOVIE WALKER PRESS
MENU

山田ババアに花束を

1990年12月15日公開,89分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

名門女子校のオールドミス女教師と翔んでる女子高生の中身が入れ替わってしまったことから巻き起こる騒動を描く。脚本は「SEXYダイナマイト マドンナのしずく」の吉本昌弘が執筆。監督はTV出身で本作が映画デビューとなる大井利夫。撮影は「ふ・し・ぎ・なBABY」の杉村博章がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

清花女学院に通う瑠奈は翔んでるセブンティーンで校内一の遊び人。山田ババアと呼ばれる生活指導教員の正子の目を盗んではボーイフレンドの医大生・真人とデート。が、その現場も山田ババアはバッチリとキャッチしていた。そんなある日、教頭に勧められて初めての見合いにイヤイヤながら出かけた山田ババアは、その相手が15年前の初恋の人・裕二だったのにビックリ!そんな時ひょんなことから彼女は、その場にいた瑠奈と体の中身が入れ替わってしまう。それによって二人の私生活は大混乱。だがそんな中でお互いの知られざる真実が見えてくるのだった。山田ババアは何も知らない真人と自分がキスしたことで瑠奈がひどく動揺したのを見て、表面的には遊びのふりをしながらも実は真剣な愛だと知った。一方、瑠奈は山田ババアの日記帳を盗み読んで、その初恋と哀しい結末を知るのだった。そして瑠奈は、そんな山田ババアを助けてあげようと、校内の教会で裕二との結婚式をあげる。それを見た山田ババアは思わず瑠奈を引っぱたいてしまうが、そんな時、再びひょんなことで二人は元通りの体に戻るのだった。こうして本当の幸福をつかんだ山田ババアは学校を辞めて裕二と共に旅立つ。そして瑠奈は真人と共に、翔んでる学園生活を送るのだった。

作品データ

製作年
1990年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
89分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?