グッバイ・ママ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

グッバイ・ママ

1991年4月20日公開,108分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

都会に住むキャリア・ウーマンが周囲の変化に揺れ動きながらも自立していく姿をユーモラスに描くラブコメディ。脚本・監督は本作がデビューとなるトレンドメーカー秋元康。共同脚本は寺田敏雄。撮影監督は「少年時代」の鈴木達夫がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

30代半ばのキャリアウーマンかな子は、証券会社の仕事も、愛人の開業医楠田との恋も全て順調。ところがそんな快適なライフスタイルを楽しんでいたかな子のもとに突然、昔の恋人・大杉の遺児で、小学生の健が転がり込んで来た。代金を返済したはずのかな子のマンションの契約書名義が、不動産会社社長だった大杉の妻の名前のままになっていたのだった。膨大な借金を抱えていた大杉の遺産はマンションだけで、健の引き取り手も誰もいなかった。掃除も料理も得意で、その上生意気な健にイライラするかな子。ある日、同じく独身のキャリアウーマンである親友の美恵子があれほど燃えていた仕事を辞め、平凡な男と結婚するとかな子に告げる。それによって心揺れるかな子は、健がバースディパーティに招待した友達をマンションから追い出してしまう。かな子は後悔したが、怒って飛び出していった健はその夜、戻って来なかった。そして両親の墓の前にいた健を見つけて素直に謝るかな子。翌日、風邪で倒れてしまったかな子に困惑した健は以前かな子から聞いていた楠田の事を思い出し、往診を頼む。かな子はそんな健の優しさに涙ぐんでしまう。こうしてやっと健と心通じ合ったかな子に、かねてから希望していたニューヨーク転勤の辞令が下る。健とも楠田とも離れたくないと思い始めていたかな子はつい「一緒に行って」と楠田に本心をさらけだす。だが、かな子も妻子も両方大切な楠田は何も言えなかった。かな子は転勤のことを隠し、健と楽しい時を過ごす。大杉の弁護士に「健は遠縁の人が面倒をみる」と知らされ安心するかな子は、健がいない間に空港へ向かった。帰宅した健は弁護士からかな子がニューヨークに行くと聞き、楠田と共に空港へと急ぐ。そして間一髪でかな子を見つけた健の手には、かな子の名義になったマンションの権利書を持っていた。そして抱き合う二人と、それを見つめる楠田。涙ぐんだまま健と別れたかな子は搭乗ゲートの中に消え、ニューヨークへと飛び立っていくのだった。

作品データ

製作年
1991年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
108分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?