クレイジー・ジャンボリー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

クレイジー・ジャンボリー

1965年5月28日公開,87分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「アパッチ砂漠」のロバート・E・ケントの脚本を、新鋭シドニー・ミラーが監督した青春ドラマ。撮影はフレッド・ジャックマン・ジュニア、音楽は「キッスン・カズン」のフレッド・カーガーが担当した。出演は「フロリダ万才」のマリー・アン・モブリー、「チャップマン報告」のチャド・イベレットのほかにジョーン・オブライエン、ナンシー・シナトラ、クリス・ノエルなど。なおスタン・ゲッツ楽団ほか6つのバンドがゲスト出演している。製作はサム・カッツマン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ワインダム女子大学のテリー(マリー・A・モブリー)は、学校側に内証でポピュラー・ソングを書いていた。ところが楽譜出版業者ゲーリー(チャド・イベレット)が学校へ電話をかけたことから、すべてがバレてしまった。退学寸前になったが、一応処分は冬の休暇明けまで延期された。学友たちとスキーに出かけたテリーは、そこで待っていたゲーリーとカメラマンに会った。レコード・ジャケットに使うため、テリーの寝巻き姿を撮るといういのだ。怒ったテリーは、ホテルのパーティの時もゲーリーたちの方は見向きもしなかった。テリーは上院議員のモリソンと踊ったが、大失敗を演じ、それを写真に撮られてしまった。翌朝の新聞はこの写真でかざられ、テリーは学校のことを、モリソンは選挙のことを考えると頭をかかえてしまった。ゲーリーはあわてたが、モリソン氏の選挙運動に協力し、氏がワインダム女子大学の有力者だったので、テリーも無事学校を続けられることになった。その上ゲーリーは、テリーの心も得ることができた。

作品データ

原題
Get Yourself a College Girl
製作年
1964年
製作国
アメリカ
配給
MGM
上映時間
87分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?