エノケンの八百八狸大暴れ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

エノケンの八百八狸大暴れ

1950年12月16日公開,78分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「雪夫人絵図(1950)」の滝村和男の製作。原作は戸田伊太郎で、「女三四郎」の渡辺邦男が脚色、演出したエノケンプロの作品。出演者はエノケン劇団の一党に、狸御殿でお馴染みの宮城千賀子、新人吉村美紗子、それに松竹少女歌劇が賛助出演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

松山城の奥山には、犬神刑部と名乗る古狸の一族八百八狸が住んでいた。刑部の息子小源太は、度々人間に化けては城下をうろついたが、そのころ町には白頭巾の怪盗が出没し奥山の狸連中の仕業にちがいないと噂されていた。父狸刑部は許婚の娘狸お紺と早く所帯を持たせようとしたが、彼は町の道場猿口与兵衛の娘ミズエにうつつを抜かしていた。ところがあるとき与兵衛がお殿様から預かっていた名刀蛸光が紛失し、ミズエが狸退治を命ぜられ、奥山にのり込んで来た。小源太は、恋しい女と一族の板ばさみになってあわてるが、結局そのためほんものの山賊も退治された。

作品データ

製作年
1950年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
78分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?