天国の大罪|MOVIE WALKER PRESS
MENU

天国の大罪

1992年10月3日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

人種の坩堝と化した近未来の東京新宿を舞台に、東京地検特捜部の女検事とその上司の不倫愛、チャイニーズ・マフィアのボスと女検事の愛憎を描くアクション・ロマン。脚本は「継承盃」の松田寛夫、監督は「社葬」の舛田利雄、撮影は「寒椿」の木村大作がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

第1章 日本モスキート街/衣畑遼子と田辺邦夫は東京地検特捜部の女性検事とその上司で、10年以上も男女の関係が続いていた。遼子は田辺の子を身籠っていたが、妻子ある田辺は堕胎を求め、年齢的に今をのがすと一生子供は生めないと思っている遼子はそれを拒んでいた。同じ頃、「モスキート街」と呼ばれる外国人街では検察のスパイが殺され中国人の黄亢虎が逮捕された。田辺と遼子は黄のボスであるチャイニーズ・マフィアの蔡文華を見張るが、蔡は巧みに遼子に取り入り獄中の黄を自殺に追い込む。それが原因で田辺と遼子は別れ、地検をやめて弁護士になった遼子は子育てに生き甲斐を見出していく。ある日、遼子の検事時代に強制猥褻罪で摘発された奈良本は彼女に対する復讐の機会をうかがっており、その子孝彦を誘拐する。半狂乱になった遼子は裏の世界に通じている蔡に孝彦を救出してもらう。 第2章 家族/遼子と蔡は同居していた。2歳になった孝彦は蔡になつき、蔡もまた孝彦を実の子のように可愛がった。だがいつも頭をかすめるのは、自分の特殊な仕事と幸福な家庭とは決して両立しないだろうということだった。蔡は国際的な合法企業の裏で、世界に麻薬を密輸する組識の幹部だった。案の定、田辺による組識包囲網は動き始め、最後の大仕事の最中、蔡以下組識の全員が逮捕される。これは大口取り引きを知った遼子が、麻薬シンジケートの内情を提供すれば蔡を不起訴処分にするという約束を田辺から取りつけた結果だった。シンジケートの内情が日に日に明るみに出ていくなか、蔡の首に300万ドルの賞金がかけられた。数日後、とある外国の郊外で遼子と蔡と孝彦が幸福に暮らす姿があった。だがそこに銃を持った数人の男たちが襲撃し、蔡が重傷を負う。危機を救ったのは遼子の鮮やかなガンさばきだった。男たちを倒した遼子は、蔡と孝彦を連れいづこへともなく去っていった。

作品データ

製作年
1992年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?