パッチンして!おばあちゃん|MOVIE WALKER PRESS
MENU

パッチンして!おばあちゃん

1992年10月3日公開,90分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「パッチン!」というまばたき以外に外界とのコミュニケーションの手だてを失っている寝たきりのおばあちゃんと、ひとり娘や周囲の人々との交流を描くアニメーション。実話をもとにした関丕の『光のなかの生と死』(朝日新聞社・刊)が原作。監督は辻伸一、作画監督は岡田敏靖、脚本はむかひらすすむが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

金沢の教育センターに勤務する北島ひろは、脳血栓で自宅療養中の母、ヤスエと2人暮らしだったが、ある日ヤスエが発作で倒れ入院する。不眠不休の看護を続けたひろ自身も疲労で倒れてしまった。だが病院の事務員でひろの教え子の山下利絵の呼びかけで、ひろたちの友達や知り合いが交替でヤスエの付き添いにつくようになる。ヤスエは視覚と聴覚を除いて全身が麻痺していたが、まばたきで送る「イエス」「ノー」の2つの信号によるコミュニケーションを通してみんなと「会話」を交わすようになり、ふれあいの輪が広がっていった。クリスマスの夜、キャンドルを持った人々が集まる病室で、ヤスエは持てる力をふりしぼって力強い声を発してみんなを驚かす。それは「ありがとう」の「あ」という言葉だった。

作品データ

製作年
1992年
製作国
日本
配給
ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?