グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー

1989年10月28日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

50年代、若者たちに熱狂的に迎えられたロックスター、ジェリー・リー・ルイスの青春時代を描く音楽ドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・グレイスとマーク・ヴィクター、製作はアダム・フィールズ、監督は「ブレスレス」のジム・マクブライド。マイラ・ルイスとミューレイ・シルヴァーの原作を基に、脚本・音楽はジャック・バランとマクブライドの共同、撮影はアフォンソ・ビートが担当。出演はデニス・クエイドほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

56年、従兄ブラウン(ジョン・ドー)を頼ってメンフィスにやって来たジェリー・リー(デニス・クエイド)は、エルヴィス移籍後のスターを探していたサン・レコード社長に認められ、レコード・デビューする。ロック・スターとしてまたたく間に熱狂的な人気を得たジェリー・リーは、かねてから好意を抱いていたブラウンの娘マイラ(ウィノナ・ライダー)と強引に結婚する。しかし初の海外公演となったイギリスで、マイラがまだ13歳であること、ジェリー・リーが前の妻と正式に離婚していないことが暴露され、ツアーはキャンセル、帰国した彼らは全米から非難を浴びるのだった。やがてジェリー・リーとマイラの仲も険悪になってゆく。ジェリー・リーのもうひとりの従兄、伝道師のジミー(アレック・ボールドウィン)は、悪魔の音楽であるロックンロールを捨て神の道を歩め、と説くが、ジェリー・リーはあくまでもロックと共に生きることを決意する。そしてそんな彼のそばには、しっかりとマイラが寄り添っているのだった。

作品データ

原題
Great Balls of Fire!
製作年
1989年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?