ゴジラVSデストロイア|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ゴジラVSデストロイア

1995年12月9日公開,103分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

おなじみゴジラとゴジラジュニア、そして最強最大の敵デストロイアとの壮絶な戦いを描くモンスターパニック映画。東宝の96年度お正月作品で、ゴジラのハリウッド進出を前に日本版ゴジラ終焉が話題となった。監督は「ヤマトタケル」の大河原孝夫。脚本は「緊急呼出し エマージェンシー・コール」の大森一樹。主演は「大失恋。」の辰巳琢郎と、「夜逃げ屋本舗」の石野陽子。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

バース島に異変が起き、ゴジラもリトルもその行方を消してしまった。それから一カ月後、ゴジラが香港に出現する。だが、その姿は以前のものとは違い、赤く発光していた。ゴジラの異変に、Gサミットは初代ゴジラを退治した山根博士の養子の子・山根健吉という大学生を加えたメンバーを招集して会議に入った。一方、国際物理学賞受賞者の伊集院博士は、ミクロオキシゲンの研究に余念がなかったが、それをテレビの自分の番組で取り上げた健吉の実姉・山根ゆかりは、彼女の叔母・恵美子からそれが芹沢博士が発明したオキシジェンデストロイヤーではないかとの相談を受ける。果たして、ミクロオキシゲンはオキシジェンデストロイヤーの一歩手前のものだと判明するが、伊集院は人間的倫理でそれを作ることはしないと言う。台湾沖に出現したゴジラは、ますますその体温を上昇させていた。健吉の調べでゴジラはメルトダウンを起こすのではないかという予測が立てられる。これをくい止めるには、オキシジェンデストロイヤーを使うしか方法がない。ゆかりや恵美子の心配をよそに伊集院博士にオキシジェンデストロイヤーの開発を依頼する健吉。その頃、水族館で魚が一瞬にして骨になってしまうという快事件が発生した。原因は42年前に東京湾に沈んだオキシジェンデストロイヤーによって異常成育した微生物が、東京湾海底トンネル工事で地上に出現したことにあった。その微生物は急速に巨大化し、ついに人間を襲うほどまで成長した。謎の生物が逃げ込んだ臨海副都心は地獄の様相を呈する。政府も自衛隊を派遣して、デストロイアと名づけられたその怪獣を攻撃するが、全く歯が立たない。そこでGサミットは、デストロイアとゴジラを戦わせるために、未希と芽留のテレパシーを使ってゴジラジュニアをデストロイアの囮にすることにした。ジュニアが来ればゴジラも後を追って来るはずだ。ジュニアとデストロイアの壮絶なバトルが展開される。だが、デストロイアはジュニアのエネルギーを吸ってパワーアップした。そこへゴジラが現れ、一旦はデストロイアを倒したかにみえたが、デストロイアは完全体へと変身し、さらに巨大化する。デストロイアはジュニアを倒し、ゴジラへと向かう。だが、最強の敵と目されたデストロイアも、ジュニアを殺されたゴジラの怒りには勝てなかった。デストロイアを倒したゴジラはジュニアの亡骸のそばに立つと、自衛隊の冷凍兵器攻撃も空しく、ついにメルトダウンを始める。それが人々を恐怖に陥れたゴジラの最期だった。しかし次の瞬間、もうもうと立つ蒸気の中にすっくと立ち上がるゴジラジュニアの姿があった。

スタッフ

大河原孝夫

監督

田中友幸

製作

富山省吾

製作

大森一樹

脚本

関口芳則

撮影

望月英樹

照明

長田千鶴子

編集

宮内一男

録音

鈴木儀雄

美術

斎藤育子

衣裳

出川淳子

衣裳コーディネーター

伊福部昭

音楽監督

石山久美子

スクリプター

石月美徳

スチール

三好邦夫

助監督

川北紘一

特技監督

江口憲一

特技撮影

大根田俊光

特技撮影

斉藤薫

特技照明

東島左枝

特技編集

伊藤伸行

特技編集

大澤哲三

特技美術

鈴木健二

特技助監督

中尾孝

特技スチール

岩瀬政雄

音楽プロデューサー

小林知己

造型

前田光治

製作担当者

鈴木律子

アソシエントプロデューサー

森岡孝夫

音楽プロデューサー

大野映彦

音楽ミキサー

山崎惣一郎

照明機材

三輪野勇

特殊機械

宮川光男

特殊機械

高須道春

特殊機械

鳴海聡

特殊操演

船橋誠

特殊操演

川口茂

美術装置

西田忠光

組付

多胡啓一

装飾小道具

遠藤雄一郎

装飾小道具

山内康裕

装飾小道具

稲垣秀男

電飾

河原正高

電飾

梅沢文子

ヘアー・メイク

佐々木精一

ヘアー・メイク

宇仁貫三

擬斗

大坪隆介

ネガ編集

佐々木英世

音響効果

多良政司

調音エンジニア

浅梨なおこ

調音エンジニア

城戸史朗

俳優係

福塚孝哉

製作係

竹信誠司

製作係

川田尚広

製作係

若狭新一

造形

三橋和夫

操演

渡辺忠昭

特殊効果

久米攻

特効助手

篠田啓助

特技製作担当者

小島太郎

特技製作担当者

二見弘行

特技照明機材

芳賀真人

特技特殊機械

小川正晴

メカ造型

金牧靖志

メカ造型

清水浩代

メカ造型

小島耕司

特技背景

野村安雄

特技美術製作

小笠原禎

特技組付

大朝和代

特技ネガ編集

兼重由美

特技スクリプター

吉田穣

デザインワークス

小林晋一郎

デザインワークス

西川伸司

デザインワークス

岡本英郎

デザインワークス

今井聡

デザインワークス

岡秀樹

デザインワークス

神菊薫

デザインワークス

小川利弘

特殊視覚効果プロデューサー

小野寺浩

特殊視覚効果プロデューサー

大屋哲男

特殊視覚効果プロデューサー

鈴木昭男

特殊視覚効果プロデューサー

木下良仁

特殊視覚効果スーパーバイザー

泉谷修

特殊視覚効果スーパーバイザー

原田睦弘

特殊視覚効果スーパーバイザー

藤下忠男

デジタルエフェクト

川端孝

デジタルエフェクト

道木伸隆

デジタルエフェクト

石川智太郎

デジタルエフェクト

前田哲生

デジタルエフェクト

平嶌智子

デジタルエフェクト

内海邦男

CGスーパーバイザー

市野晃

CGスーパーバイザー

北条則明

CGスーパーバイザー

野村礼

CGデザイナー

飯田正行

CGデザイナー

田中敦彦

CGデザイナー

荒木史生

CGデザイナー

丹羽学

CG

野島慶太

CG

金山泰光

CG

鈴木孝治

CG

高山滋史

CG

井上一郎

CG

柳沢典子

CG

山崎晴康

CG

岸本義幸

オプチカルエフェクト

松浦正春

オプチカルエフェクト

中村信夫

オプチカルエフェクト

五十嵐敬二

オプチカルエフェクト

山路宏武

オプチカルエフェクト

吉村好雄

オプチカルエフェクト

佐々木篤志

オプチカルエフェクト

小渕晃央

オプチカルエフェクト

佐藤高典

オプチカルエフェクト

佐藤元

オプチカルエフェクト

新城孝

オプチカルエフェクト

吉澤一久

アニメーションエフェクト

山本英文

アニメーションエフェクト

飯塚定雄

アニメーションエフェクト

西山明宏

アニメーションエフェクト

山口拓政

アニメーションエフェクト

沖満

アニメーションエフェクト

上田茂

アニメーションエフェクト

川尻健太郎

アニメーションエフェクト

内田剛史

フォトグラフィックエフェクト

金井圭一

フォトグラフィックエフェクト

杉木信章

フォトグラフィックエフェクト

三輪智章

フォトグラフィックエフェクト

松岡勇二

フォトグラフィックエフェクト

木村俊幸

マットアーティスト

関田さゆり

マットアーティスト

辻野南

マットアーティスト

足立亨

ロトスコープ

竹内秀樹

ロトスコープ

生頼範義

宣伝ポスターイラスト

作品データ

製作年
1995年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
103分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?