みんな~やってるか!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

みんな~やってるか!

1995年2月11日公開,110分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

カー・セックスがしたい!と妄想をつのらせた冴えない男が、紆余曲折を経て、バッタ男となって死ぬまでを描いた奇想天外なナンセンス・コメディ。何かと話題の耐えない“天才”北野武の第5回監督作品にして、ビートたけし第1回監督作品。脚本、編集も北野が担当。撮影は「3-4x10月」以来コンビを組んでいる柳島克己。主演は「銀玉マサやん」に主演した“たけし軍団”のダンカン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

いい男といい女がカー・セックスをしているところを夢に見た朝男は、「やっぱり女をひっかけるには車だよな」と考えて、早速自動車ディーラーへ向かう。カー・セックス出来る車を下さいと買った20万円の軽自動車に乗って、ナンパしまくるが、そんな車では女は相手にしてくれなかった。ガックリする朝男の上を大型トラックが通り過ぎて行く。ペシャンコになった車の中で、朝男は「やっぱオープンカーでなきゃ、ダメだ」と考えた。朝男は、自分のジジイの肝臓と腎臓を売りとばしてオープンカーを買ったが、車は走り始めた直後に分解して壊れる。さんざんな目に遭った朝男は、空を見上げながら「飛行機のファーストクラスのサービスは、きっとスゴイんだろうな」と考えた。ファーストクラスに乗るためにはお金が必要だと思った朝男は、銀行強盗を計画する。手始めにピストルを用意しようと思い立った朝男は、川口の鋳物工場に就職して、夜中こっそりとピストルを製造することを考えた。ところが、偶然にも鋳物工場の前で、血まみれのヤクザにピストルと車を預かるように頼まれる。こうして道具を揃えた朝男は銀行へ乗り込むが、ことごとく計画は失敗してしまう。それならばと現金輸送車襲撃に計画を変更し、三億円事件を真似てみるが、それも失敗に終わるのだった。次に朝男は、「役者は、やっぱモテるからな」と役者になることを決意し、オーディションを受ける。見事合格して座頭市の大役を掴んだ朝男は、目をつぶったままでは芝居が出来ずに結局大失敗する。その後、朝男は新聞で読んだ埋蔵金発掘にも手を出すが、それでも大金を稼ぐことは出来なかった。血まみれのヤクザに再び出会った朝男は、今度は彼からヤクを預かる。それを買人に売った朝男は、ファーストクラスをあきらめとりあえずセスナで我慢することにした。たまたまセスナに乗り合わせた殺し屋と機内で一悶着起こした朝男は、気絶させた彼の服に着替えてセスナから降りるが、その殺し屋を待っていたヤクザたちに出迎えられる。朝男は殺し屋と間違えられて、ピストルの腕前を見せて欲しいと頼まれるのであった。だが、誤って撃ってしまった男が敵のスパイだったことからすっかり信用されてしまった朝男は、親分に気に入られ、今度は敵の親分を殺してくれと頼まれる。しかし、組をあげての抗争の場で、朝男は失敗して大親分の首をかっ斬ってしまう。その場から逃げ出した朝男は、浴衣姿の女性に誘われて風呂屋の前へ。「透明人間になれたら、女湯に入れるのに」と考えていると、そこへ“透明人間推進協会”の男が通りかかり、朝男を研究所に連れて行くのだった。博士の発明したマシンで透明人間となった朝男は、彼らの元から脱走して風呂屋やラブホテル、AVの撮影現場などに潜入するが、博士たちによって捕獲される。透明人間の実験は再び開始されたが、その時偶然カプセルに入っていたハエと朝男が合体してしまい、朝男はハエ男に変身してしまった。巨大なハエ男となった朝男は、地球防衛軍によって川崎球場に仕掛けられたウンコの塊におびきよせられ、巨大なハエ叩きでやっつけられてしまうのだった。その後、バッタ男として蘇った朝男は、東京タワーに突き刺さってその生涯を閉じた。

作品データ

製作年
1995年
製作国
日本
配給
ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
上映時間
110分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?