地獄先生ぬーべー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

地獄先生ぬーべー

1996年7月6日公開,48分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

地獄から蘇った悪霊と、ぬ~べ~たちの壮絶な戦いを描いたゴースト・アニメーション。監督は志水淳児。“'96夏・東映アニメフェア”の中の1本で、劇場初登場。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

夏のある日、写生会で公園へ出かけた久美子は、偶然に指名手配中の殺人犯を見かけ、警察に通報した。犯人は車での逃亡中に道路脇の天狗塚に激突して、瀕死の重症を負ったが、その時、天狗塚から霊気が現れ、犯人に乗り移った。その翌日から、女の子が黒マントの男に襲われる事件が発生する。黒マントは、警察に通報したK・Iというイニシャルの赤いリボンの女の子を探しているのだ。その噂を聞いた久美子は、黒マントが自分を狙っていることに気づいてリボンを捨てた。ところが、そのリボンを郷子が拾ったために、今度は郷子が黒マントに狙われる。すんでのところでぬ~べ~が郷子を助けたが、黒マントは必ず郷子を天狗道へ落としてやると脅した。天狗道とは悪人が落ちる穴のことで、それを封印していた天狗塚が先日の事故で開いてしまったのだった。次の日、嵐のために学校に泊まることになった生徒たちの前に、黒マントが現れた。川の氾濫を防ぐためにかりだされたぬ~べ~を欠きながらも、郷子や広たちは果敢に黒マントと戦おうとする。それを見た久美子はいたたまれなくなり、警察に通報したのは自分だと告白した。彼女の勇気が、異変に気づいてやって来たぬ~べ~たちに力を与え、ぬ~べ~の鬼の手のパワーが炸裂して、悪霊は再び天狗道へと落ちていった。

作品データ

製作年
1996年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
48分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?