爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 暴走ミニ四駆大追跡!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 暴走ミニ四駆大追跡!

1997年7月5日公開,80分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ミニ四駆のレース中に突然現れたマシンの謎をめぐって繰り広げられる追跡劇を描くアクション・アニメーション。好評のテレビ・シリーズを受けて、初の劇場版長篇の登場となった。監督は「マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!」のアミノテツロー。こしたてつひろの同名人気コミックをもとに、アミノ自身が脚本を執筆している。声の出演は「メガゾーン23 PARTII 秘密く・だ・さ・い」の渕崎ゆり子と池澤春菜。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

WGP(ワールドグランプリ)の予選中に、突如エントリーされていないマシンが乱入し、レースをめちゃくちゃにする騒ぎが起きた。怒った烈や豪をはじめとするビクトリーズのメンバーは、暴走を続けるガンブラスターXTOの正体を突き止めるため追跡を開始する。ところが、そこへ少年リオンやミサイルを搭載した戦闘集団SPFのヘリも現れ、ガンブラスターを停止させようと三つ巴の追跡合戦が展開された。リオンを捕まえて事情を追及したビクトリーズのメンバーは、WGP用にGPチップを搭載されたガンブラスターが、戦闘機以上のパワーを持ってしまったために、SPFによって破壊命令が下されていたことを知る。ミニ四マシンを愛するビクトリーズのメンバーは、リオンとともにガンブラスターをSPFの手から救おうと決め、走り続けるガンブラスターを追って激戦を展開した。追跡劇はやがてリオンの父・クスコ博士の洋上研究所に及び、ミニ四駆用に設置された研究所のコースを走るガンブラスターに、ビクトリーズのメンバーはマシンを駆って挑戦する。苦戦を強いられながらも彼らはなんとかガンブラスターを止めることができたが、執拗に追いかけてきたSPFの放った爆弾がガンブラスターを襲撃した。炎に包まれるガンブラスターを、ビクトリーズのマシンたちが救う。ミニ四駆の師・鉄心先生は、ガンブラスターの暴走の原因が、GPチップ開発の遅れで一緒に走るマシンを失ったガンブラスターが、暴走することによって自分と対等に走ることのできる仲間を捜していたのだと説明する。マシンにも命と意思が宿ることを知ったビクトリーズのメンバーは、それぞれのマシンを抱き、WGPのレース会場へと急いだ。

作品データ

製作年
1997年
製作国
日本
配給
松竹=松竹富士
上映時間
80分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?