死にたいほどの夜|MOVIE WALKER PRESS
MENU

死にたいほどの夜

1997年12月13日公開,93分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジャック・ケルアック著「路上」に登場するディーン・モリアーティのモデルとなった伝説の男、ニール・キャサディの若き日を描く青春映画。監督・脚本はこれがデビューとなるスティーヴン・ケイ。製作はエドワード・ベイツ、「トゥルー・ロマンス」のルイーズ・ローズナーほか。撮影は「サーチ&デストロイ」のボビー・ブコウスキー。編集は「リトル・オデッサ」のドリアン・ハリス。出演は「ネメシス」のトーマス・ジェーン、「フィーリング・ミネソタ」のキアヌ・リーヴス、エイドリアン・ブロディ、ジョン・ドー、「バスキア」のクレア・フォーラニ、ジム・ヘイニー、マーグ・ヘルゲンバーガー、ルシンダ・ジェニー、「フェイク」のグレッチェン・モルほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

夜のタイヤ工場で働くニール(トーマス・ジェーン)は刹那的な日々を送っていた。しかし本当は人並みの幸せを願っており、同僚にグチをこぼすことも。ある夜、恋人のジョーン(クレア・フォーラニ)が自殺を図った。未遂に終わるが病院に収容。始めの内はジョーンを見舞っていたニールだったが、やがて彼女の前から姿を消す。そして悪友のハリー(キアヌ・リーヴス)とナンパした女の子を連れて、盗んだ車で夜明けのドライヴへとなだれこむ。そしてクリスマス。プール・バーでリジー(マーグ・ヘルゲンバーガー)という女がニールに声をかけ、彼女の家に連れていく。そこにはジョーンが待っていた。ニールは今までの態度をわび、タクシー会社の面接に行くことにする。しかしニールはマトモにはなれない。家に帰り、友人ジャック・ケルアックへの手紙をタイプし始める。

作品データ

原題
The Last Time I Committed Suicide
製作年
1997年
製作国
アメリカ
配給
ケイエスエス
上映時間
93分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?