フル・モンティ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フル・モンティ

1997年12月13日公開,93分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

生活のために男性ストリッパーを目指して悪戦苦闘する、愛すべき男たちの姿をユーモラスに描いたヒューマン・コメディ。これが初の劇場用映画となる脚本家サイモン・ボーフォイのオリジナル脚本を、やはりこれが長編デビューのピーター・カッタネオが監督。製作は「ジプシーのとき」「パルーカヴィル」のウベルト・パゾリーニ、撮影はCFやミュージック・ビデオでも活躍するジョン・デ・ボーマン。音楽は〈アート・オブ・ノイズ〉のメンバーで「クライング・ゲーム」のアン・ダドリー。ラストで流れるランディ・ニューマンの曲『You Can Leave Your Hat On』はトム・ジョーンズのカバー・バージョン。美術は「ショッピング」のマックス・ゴッドリーブ、編集はデイヴィッド・フリーマンとニック・ムーア、衣裳は「司祭」のジル・テイラー。出演は「トレインスポッティング」のロバート・カーライル、「ゴースト&ダークネス」のトム・ウィルキンソン、「司祭」のポール・バーバーとレスリー・シャープ、子役のウィリアム・スネイプほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イギリス北部の街シェフィールド。25年前は鉄鋼業で栄えたこの街も、今は誰もが失業中で生活も苦しい。失業してから6ケ月、ガズ(ロバート・カーライル)は共同親権を得るための養育費700ポンドがなくて、別れた女房マンディ(エミリー・ウーフ)に息子のネイサン(ウィリアム・スネイプ)を奪われそうだ。親友デイヴ(マーク・アディ)を誘って閉鎖された工場から鉄柱を盗みにきたが失敗。そんな時、人気の男性ストリップ・グループの巡回ショーに潜り込んだガズは、女たちの熱気と歓声に驚く。これは金儲けのチャンスだと踏んだ彼は、排気ガス自殺しようとした気弱なロンパー(スティーヴ・ヒューイソン)も仲間に入れ、男性ストリップを始めようとする。コーチには社交ダンスが得意な元上司ジェラルド(トム・ウィルキンソン)を選んだ。まだ妻に失業したことを言い出せずにカード払いが破綻をきたしそうなジェラルドは、未だに上司風を吹かすいやな奴だが、背に腹は換えられない。彼が新しい就職口の面接を受けている時、ガズたちは窓の外からチョッカイを出して失敗させ、無理矢理仲間に引き入れる。残りはオーディションだ。合格したのは、ブレイクダンスの心得はあるが、ちょっと年がいきすぎて足元が怪しい黒人ホース(ポール・バーバー)、どうやっても音楽とズレてしまうリズム音痴だがイチモツは立派なガイ(ヒューゴ・スピアー)。6人揃ったところで猛練習が始まった。最初は父親のとんでもないアイディアと無様な恰好に目を伏せて呆れていたネイサンも、その真意が自分への愛にあると気づいて、音楽係を買って出た。しかし、6人がストリップ・ショーをもくろんでいることを知った女たちは大笑い。やがて、太った体に悩み続けたデイヴが脱落。さらに会場を借りる100ポンドなどあるはずもなく、ガズは恥を忍んでマンディに借金をしにいって断られる。八方塞がりのガズに、ネイサンが自分の貯金通帳をそっと差し出した。気を取り直して練習を再開した5人だが、工場跡でパンツ一丁で踊っているところを見つかり、警察に連行されてしまう。ところが、この一件で彼らはすっかり有名人になり、新聞の一面を飾ってチケットも飛ぶように売れた。彼らは腹をくくった。妻の言葉に勇気づけられたデイヴも駆けつけ、妻に失業の真相を打ち明けたジェラルドも一度限りとステージに臨む。400人の観客を前に、男たちは華麗なダンスを舞い、スッポンポンになった。

作品データ

原題
The Full Monty
製作年
1997年
製作国
イギリス
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
93分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?