インフィニティ 無限の愛|MOVIE WALKER PRESS
MENU

インフィニティ 無限の愛

1998年11月13日公開,117分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

原爆の開発者としても知られる物理学者リチャード・ファインマンと病魔に蝕まれた彼の恋人の秘められた愛を描いたラヴ・ストーリー。監督・主演は「GODZILLA ゴジラ」の俳優マシュー・ブロデリックで、彼の監督デビュー作。全米でベストセラーとなった『困ります、ファインマンさん』(邦訳・岩波書店)を基に、マシューの実母のパトリシア・ブロデリックが脚本を執筆。製作はマシューとパトリシアの母子とマイケル・リーイ、ジョセル・ソワッソン。製作総指揮はラケル・キャヴァレス・マックスウェル、W・K・ボーダーの共同。撮影はアラン・ルドルフ監督作品で知られる栗田豊通(「お引っ越し」)。音楽は「陰謀のセオリー」のブルース・ブロートン、美術はバーン・キャプラ。編集はエレナ・マガニーニ、ビル・ジョンソン、エイミー・ヤング。衣裳はメアリー・ジェーン・フォート。共演は「ロスト・ハイウェイ」のパトリシア・アークェットほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1934年、ニューヨーク郊外。若き物理学者リチャード・ファインマン(マシュー・ブロデリック)はあるパーティでピアノを演奏していた理知的な女性アーリーン・グリーンバウム(パトリシア・アークェット)と知り合い、恋に落ちる。深く愛し合うようになった二人だが、突然悲劇が襲う。アーリーンが回復の見込みがないホジキン病だと宣告されたのだ。苦悩するリチャードははじめはアーリーンにはただの熱病だと嘘をつくが、やがて彼女がそれに気づいたのを知り、真実を告げる。アーリーンは彼を許し、優しく受け入れるが、病がやがて結核だと判明する。彼女に残された時間はわずかだったが、リチャードはアーリーンとの結婚を決め、病魔と闘い続けた彼女を最後まで看取り、短くも忘れ難き愛の日々を過ごしたのだった。

作品データ

原題
Infinity
製作年
1996年
製作国
アメリカ
配給
ギャガ・コミュニケーションズ=ゼアリズ
上映時間
117分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?