トゥモロー・ネバー・ダイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

トゥモロー・ネバー・ダイ

1998年3月14日公開,119分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

英国諜報部MI6の諜報員007ことジェームズ・ボンドが活躍するシリーズ第18作。監督は「刑事ジョー ママにお手あげ」のロジャー・スポティスウッド。製作は「ゴールデンアイ」に続いてマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリのコンビ。なお、本作は96年に世を去った映画007シリーズの生みの親でふたりの義父/実父であるアルバート・R・ブロッコリに捧げられている。脚本はベストセラー作家・TV構成作家としても知られる「ゴールデンアイ」のブルース・フィアステイン。撮影は「BOYS」のロバート・エルスウィット。音楽は「インデペンデンス・デイ」のデイヴィッド・アーノルド。美術は「ピノキオ」のアラン・キャメロン。編集はドミニク・フォーティンとマイケル・アーカンド。衣裳はリンディ・ヘミング。特殊効果スーパーバイザーは特殊効果スタッフとして「007 私を愛したスパイ」以降の全シリーズに参加しているクリス・コーボールド。ミニチュア・エフェクト・スーパーバイザーは「ブロークン・アロー」のジョン・リチャードソン。主演は前作「ゴールデンアイ」で五代目ボンドを襲名した「ダンテズ・ピーク」のピアース・ブロスナン。共演は「エビータ」のジョナサン・プライス、「プロジェクトS」のミシェル・ヨー(ミシェール・キングから改名)、「2デイズ」のテリー・ハッチャー、「ゴールデンアイ」のジュディ・デンチほか。後に邦題が「007/トゥモロー・ネバー・ダイ」に改題。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

南シナ海で英国艦デヴォンシャーが中国軍に攻撃され、英中間の緊張が高まる。この事件の裏で、自ら戦争を起こして、ビッグスクープを捏造しようとメディア王エリオット・カーヴァー(ジョナサン・プライス)が暗躍していた。英国諜報部はジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)をカーヴァーのパーティーが行われるハンブルグに派遣する。以前に関係があったカーヴァー夫人パリス(テリー・ハッチャー)から情報を引きだしたボンドは、カーヴァーのビルに潜入、レーダーの座標を狂わせるGPS暗号機を発見するが、そこへ中国国外安保隊員ウェイ・リン(ミシェル・ヨー)が鉢合わせする。カーヴァーの逆鱗に触れたパリスは殺されてしまう。ボンドはデヴォンシャーが沈んでいることが判明したベトナム領海に向かう。そこでボンドはウェイと協力して、カーヴァーの所有するステルス艦に潜入、デヴォンシャーから盗み出されたミサイルに時限爆弾を仕掛けることに成功、カーヴァーの野望を粉砕した。

作品データ

原題
Tomorrow Never Dies
製作年
1997年
製作国
アメリカ イギリス
配給
UIP
上映時間
119分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    3.0
    2020/4/11

    またいつもの秘密基地潜入、爆破がクライマックス。これで何度目だろう。
    元々フレミングの原作群を元に、ライバル作家マクリーンの「ナバロンの要塞」を越えようとしたのが始まりだったが、ここに至ってまだナバロンですか、と。

    ボンド役のブロスナンは相変わらずの雑魚役者。お陰で中国女スパイ(ボンド中佐より上官の大佐!)役のミシェル・ヨーの恰好の引立て役に。ヨーは、香港映画で鳴らした、名うてのアクション女優でもあり、吹替なしのアクションが魅せる。「グリーン・デスティニー」も代表作。
    時は1997年、香港返還の年に、英国と中国の一触即発が題材。敵役がメディア王なのは、今となっては荒唐無稽。何しろトランプが「フェイクニュース」と連呼する時代である。何とも出鱈目な設定である。
    途中出てくる、ブロスナンとヨーの、バイクとヘリのチェイスも、イーストウッド「ガントレット」で見た。しかもバイクまでBMW! まさにスポンサーありき、である。
    ドイツ・パートに登場のカウフマン博士は、懐かしの「ゴースト・ニューヨークの幻」で、主人公に空き缶の蹴り方を教えた幽霊。こういう発見は楽しい。
    メディア王を演じた、ジョナサン・プライスは、2020年「2人のローマ教皇」で、アカデミー助演男優賞候補となった名優。「未来世紀ブラジル」でもお馴染み。扮装がスティーブ・ジョブズ風なのはいいが、設定が出鱈目。全体に前作よりまとまっているのに、この設定と動機が全く理解不能。「二度死ぬ」「サンダーボール」をまた使い回し。
    ボンドに全く魅力が無いのは、ブロスナンがプレイボーイを演じるばかりで、殺し屋を演じきれなためである。だからソニーは、ダニエル・クレイグに殺し屋演じさせたが、彼はプレイボーイにはなりきれていない。困ったものだ。

    違反報告