なぞの転校生|MOVIE WALKER PRESS
MENU

なぞの転校生

1998年12月26日公開,95分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

平凡な女子高生が別次元から来た転校生によって核戦争後の世界を行き来するようになるSFファンタジー。監督は「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち」の小中和哉。眉村卓の原作を「PERFECT BLUE」の村井さだゆきが脚色。撮影は志賀葉一。主演は「友子の場合」の新山千春。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

クラスの友達と適当に話を合わせて、毎日を過ごしている女子高生・翠の前に奇妙な転校生・真祐未が現れた。翠の個人的な趣味である押し花をきっかけにして、翠は真祐未と親友になる。ある日、真祐未は、自分のいた世界は核戦争によって崩壊し、自分とその家族は次元ジャンプによって逃げてきたのだと翠に語り聞かせた。そのとき翠も次元ジャンプできる力を身につけてしまう。以来、翠は頻繁に世界崩壊後の未来世界に行き来し、そこで真祐未たちレジスタンスと共に、「敵」と戦うことになる。だが、翠の幼なじみの岩田は彼女のことを心配し、真祐未とのつきあいをほどほどにするよう何度も忠告をする。核燃料を搭載した人工衛星の事故がニュースで報じれらている頃、別次元ではいよいよ「敵」が激しい攻撃を仕掛けてきた。翠は岩田の引き止めにも応じず、次元ジャンプして姿を消して行った…。

作品データ

製作年
1998年
製作国
日本
配給
メディアボックス
上映時間
95分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?