地球に落ちて来た男 完全版|MOVIE WALKER PRESS
MENU

地球に落ちて来た男 完全版

1999年1月16日公開,139分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

地球文明のなかで生きる異星人の愛と葛藤を描いたSF映画の名作の完全版(最初の日本公開版は119分)。正式な劇場公開は今回が初めてとなる。ウォルター・テヴィスの同名小説の映画化で、ポール・マイアーズバーグが脚本を担当。監督は「パフォーマンス」「赤い影」の映像派ニコラス・ローグ。撮影はアンソニー・リッチモンド。音楽はジョン・フィリップス。美術はブライアン・イートウェル。編集はグレアム・クリフォード。衣裳はメイ・ルース。主演は当時グラム・ロック界の貴公子として一世を風靡したロックアーティスト、デイヴィッド・ボウイ(「ツイン・ピークスローラ・パーマー最期の七日間」)。共演は「バッフィ バンパイア・キラー」のキャンディ・クラーク、「ヘラクレス」(声の出演)のリップ・トーンほか。2016年7月16日より再上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

不毛の地と化しつつある故郷の星を救うため、地球にやってきた男。男は現在の地球に存在しない知見を活かし、ビジネスで成功するが、やがてそれは悲劇を生むことになっていく。

作品データ

原題
The Man Who Fell to Earth
製作年
1976年
製作国
イギリス
配給
ケイブルホーグ
上映時間
139分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?