隣人は静かに笑う|MOVIE WALKER PRESS
MENU

隣人は静かに笑う

1999年4月17日公開,119分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

正体をつかめない隣人の恐怖を描いたスリラー。監督は『Going All TheWay』のマーク・ペリントン。製作は「オスカー・ワイルド」のピーター&マーク・サミュエルソン兄弟と、トム・ゴーライ。共同製作はジャン・ヒギンスとリチャード・S・ライト。製作総指揮はトム・ローゼンバーグとシガー・ジョン・シグヴァトソン、テッド・タネンボウム。共同製作総指揮はジャド・マルキン・エドロス。脚本は新鋭アーレン・クルーガー。撮影は「死にたいほどの夜」のボビー・ブコウスキー。音楽は「ロスト・ハイウェイ」のアンジェロ・バタラメンティ。美術はテレーズ・デプレス。編集はコンラッド・バフ。衣裳はジェニファー・バレット・ペリントン。タイトルデザインは「セブン」「ナイトウォッチ」のカイル・クーパー。出演は「ビッグ・リボウスキ」のジェフ・ブリッジズ、「ナッシング・トゥ・ルーズ」のティム・ロビンス、「イン&アウト」のジョーン・キューザック、「死の接吻」のホープ・デイヴィスほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

テロリズムの歴史を教えている大学教授マイケル・ファラデー(ジェフ・ブリッジズ)は、ある日、路上で大ケガを負った少年ブラディ(メイソン・ギャンブル)を救助する。ブラディは隣に越してきたラング家の息子だった。これが縁で、ファラデー家とラング家の交際が始まる。設計技師を名乗るオリヴァー・ラング(ティム・ロビンス)と妻のシェリル(ジョーン・キューザック)には3人の子供がいて、マイケルの息子グラント(スペンサー・クラーク)はブラディと親友になった。さらにマイケルの恋人である大学院生ブルック(ホープ・デイヴィス)も交えた隣人同士の交流で、2年前に妻を失ったマイケルの悲しみも癒されていった。だがラング家を訪ねるうち、マイケルはオリヴァーが何か隠し事をしていると疑うようになる。彼の過去を調べてみると、オリヴァーはウィリアム・フェニモアという名の爆弾魔だったことが分かった。マイケルは妻の同僚だったFBIのウィット(ロバート・ゴセッティ)に助けを求めるが、相手にしてもらえない。やがて事の真相を知ったブルックが交通事故で死ぬ。そしてサマー・キャンプに出掛けていたグラントがオリヴァーに人質として取られ、マイケルは息子を乗せたワゴンを車で追いかけて、ついにFBIのガレージに突入する。が、そのマイケルの車に実は爆弾が仕掛けられていて、そのまま爆発。爆死したマイケルは、死んだ妻の復讐のためFBIテロに及んだのだと、マスコミに報道されるのだった。

作品データ

原題
Arlington Road
製作年
1998年
製作国
アメリカ
配給
日本ヘラルド映画配給(日本ヘラルド映画=ポニーキャニオン提供)
上映時間
119分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2019/9/1

    ネットで俗に言うところの「ムナクソ映画」でしょうかね。私は「セブン」や「ミスト」は好きな映画なのでこちらも好きなタイプ。中盤の大事な部分が「外人さんは皆同じに見える」状態だとなかなか理解しずらいです。古い写真を見て話が繋がっていくのについていけません。しっかり頭を回して目をこらしのめり込んで見た方が絶対面白い。
    ラストはなんだとーッ!?とボー然とします。そして今見た映画の場面があれこれ浮かんできます。何とも言えない脱力感ですが1回より2回見たくなる作品です。

    違反報告