チャイルド・プレイ チャッキーの花嫁|MOVIE WALKER PRESS
MENU

チャイルド・プレイ チャッキーの花嫁

1999年6月26日公開,89分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

悪魔の人形チャッキーが花嫁を迎え再び殺戮を繰り返す、人気ホラーシリーズの第5作。監督は香港映画で活躍した「夜半歌聲 逢いたくて逢えなくて」のロニー・ユー。製作総指揮は本作含め「チャイルド・プレイ」シリーズ全作の脚本・原案を手がけたドン・マンシーニと、コーリー・シニーガ。製作は「原始家族フリント・ストーン」(総指揮)のデイヴィッド・カーシュナーと「別れ路」(美術)のグレース・ギルロイ。共同製作は「チャイルド・プレイ3」のローラ・モスコウィッツ。撮影は「アンナ・マデリーナ」のピーター・パウ。音楽は「ビッグ・ヒット」のグレアム・レヴェル。美術はアリシア・キーワン。編集は「野獣の瞳」のデイヴィッド・ウー。衣裳はリン・マッケイ。パペット・エフェクトは「フェイス/オフ」(特殊メイク)のケヴィン・イェーガー。出演は「ライアーライアー」のジェニファー・ティリーほか。チャッキーの声はシリーズのレギュラーである「ナイトウォッチ」のブラッド・ドゥーリフ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

殺人人形チャッキーの惨劇から10年後。バラバラになったチャッキー人形は、彼が人間時代の恋人ティファニー(ジェニファー・ティリー)の手によって復元される。チャッキーとの結婚を夢見てきたティファニーだが、チャッキーの冷たい言葉に怒り、「あなたにはお人形がお似合いよ」と花嫁人形といっしょにベビーベッドに閉じ込めてしまう。チャッキーはなんとかベビーベッドから抜け出し、ティファニーを感電死させる。それがチャッキーの感謝の気持ちの現れだったのだ。そしてティファニーの魂は、ウェディングドレスを着た花嫁人形へ乗り移る。かくして人形同士のカップルとなったチャッキーとティファニーは、人間の身体を取り戻すためチャッキー自身の死体が埋葬された墓地へいくことを計画する。ティファニーは顔見知りのジェシー(ニック・スタビル)に、1000ドルで墓場に人形を持っていって欲しいと頼む。ジェシーは警察署長を叔父に持つ恋人のジェイド(キャサリン・ヘイグル)と駆け落ちするため人形2体を積み込んで、ジェイドとともに墓場へ行くことに。行く手を阻むものを次々と殺していくチャッキーとティファニー。人形が殺人を犯しているとは露とも思わないジェシーとジェイドは、ナイアガラでふたりだけの結婚式を挙げるが、互いに殺人鬼ではないかと疑い出しさんざんな初夜を迎える。一方チャッキーとティファニーは、愛を交し合う。ついにチャッキーたちの正体を知ってしまったジェシーとジェイドは銃で脅され墓場へと急ぐが、まだ人間の姿だったときのジェシーの結婚願望を思いだし、これを刺激してチャッキーとジェシーを仲たがいさせることに成功。墓場に着いた後、もみ合ううちティファニーはチャッキーを刺し、最後にジェイドが止めをさした。また、ティファニーもジェイドたちの幸せを祈りつつ死んでいった。…が、死の淵で突然苦しみ出したティファニーの下半身から血まみれの赤ん坊が…。チャッキーとの子供が生まれたのだった。

作品データ

原題
Bride of Chucky
製作年
1998年
製作国
アメリカ
配給
ギャガ・コミュニケーションズ=ゼアリズエンタープライズ
上映時間
89分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?