ビッグ・ショー!ハワイに唄えば|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ビッグ・ショー!ハワイに唄えば

1999年5月15日公開,105分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「のど自慢」に出場し歌手としての自信を取り戻した、売れない演歌歌手・赤城麗子の"その後"を描いたコメディ。監督は「のど自慢」の井筒和幸。脚本は「のど自慢」の安倍照男と井筒監督、塩田千種、金子弦二郎のチーム。撮影を「のど自慢」の浜田毅が担当している。主演は「のど自慢」の室井滋。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

「のど自慢」に出場して歌手としての自信を取り戻した赤城麗子は、マネージャーの須貝と歌手志望の付き人・里美と一緒にハワイへ営業にやってきた。早速、女子プロレスの前座で『大阪しぐれ』を歌う麗子。そんな彼女に、日系4世の青年・ジミーがサインを求めてくる。麗子のファンだというジミーに、すっかり舞い上がってしまった麗子は、須貝が止めるのも聞かず、ジミーの車に乗って彼の家を訪れる。翌日、ジミーとの健全なデートを終えてホテルに戻ってきた麗子に、須貝が営業の話を持ってきた。それは、ハワイ公演に来ていた都はるみの前座としてステージに立つこと。ところが、麗子はそんなチャンスを前に二の足を踏んでしまう。実は、デビュー前に都はるみの付き人をしていた彼女は、その時、大チョンボをやらかしていたのだ。それでも、都はるみ直々の勧めもあってステージに立つことになった麗子。しかし、リハーサルなしで立ったステージはボロボロ。またしても、彼女は歌手としての自信を無くしてしまうのであった。そんな時、麗子にジミーがプロポーズしてきた。ジミーの気持ちに、結婚を決意する麗子。だが、やはり彼女は歌を棄てることは出来なかった。麗子は、ジミーとの婚約を破棄して、都はるみのハワイ公演最後のステージへと急いだ。そして、彼女の歌手生命を賭けた一世一代のビッグ・ショーは大成功。もう一度、歌手としてやっていく自信を取り戻した彼女は、須貝と共に帰国の途に着くのだった。

作品データ

製作年
1999年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
105分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?