デジモンアドベンチャー02 前編 デジモンハリケーン上陸!! 後編 超絶進化!!黄金のデジメンタル|MOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • デジモンアドベンチャー02 前編 デジモンハリケーン上陸!! 後編 超絶進化!!黄金のデジメンタル

デジモンアドベンチャー02 前編 デジモンハリケーン上陸!! 後編 超絶進化!!黄金のデジメンタル

2000年7月8日公開,65分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アメリカを舞台に繰り広げられる、選ばれし子供たちとデジモンの冒険を描いた長編ジュブナイル・アニメーション。監督は「ドクタースランプ アラレのびっくりバー」の山内重保。本郷あきよしによる原案を基に、「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム」の吉田玲子が脚本を執筆。デジタル撮影監督に「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム」の小野谷武があたっている。声の出演に木内レイコら。尚、本作は「2000夏 東映アニメフェア」の中の一作として公開された。バンダイ創立50周年記念作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

【デジモンハリケーン上陸!!】夏休みを利用してアメリカに住むミミの元を訪れたタケルとヒカリの目前から、突然ミミが消えてしまった。同じ頃、日本の太一や空、ヤマトたちも行方不明になっていた。平和を取り戻した筈のデジタルワールドに、何かが起こっている! ふたりは、ニューヨークの街中に出現し大暴れを始めた巨大デジモンを止めようとしていた少年・ウォレスと彼のパートナーのデジモン、グミモンがミミの消失の謎を知るのではないかと考え、急遽渡米して来た大輔たちと共に、デンバーのサマーメモリーという田舎町へ向かうウォレスたちを追う。【超絶進化!!黄金のデジメンタル】実は、ニューヨークに出現したデジモンは、7年前、サマーメモリーの花畑でデジタルワールドに吸い込まれたウォレスのデジモン、チョコモンで、ウォレスと引き離されひとりぼっちでいるうちに深い孤独感から凶暴なデジモンに変化、特殊な空間に”選ばれし子供たち“を連れ去って、楽しい想い出いっぱいの幼い頃に戻ろうとしていたのだ。そのことを知った大輔とウォレスたちは、チョコモンからミミたちを救うべくチョコモンとの対決を決意。だが、完全体、究極体へと進化したチョコモンの邪悪な力には、ブイモンやグミモンたちの力では歯が立たなかった。しかしその時、タケルとヒカリのデジモン、パタモンとテイルモンの究極体、セラフィモンとホーリードラモンの聖なるパワーが、奇跡のデジメンタルでブイモンとグミモンにゴールドのアーマー進化を遂げさせたのである。果たして、その聖なるパワーでチョコモンは撃破され、ミミたちも無事、元の世界に戻ることが叶う。その後、帰国する大輔たちと別れ旅に出たウォレスとグミモン。そんなふたりの足元の波打ち際に、ひとつの”卵“が打ち上げられた……。

スタッフ

山内重保

監督

中鶴勝祥

キャラクター・デザイン

相澤昌弘

キャラクター・デザイン、総作画監督

工原しげき

作画監督

中澤一登

作画監督

青木康浩

作画監督

山下高明

作画監督

橋本敬史

作画監督

柿田英樹

作画監督

菅野利之

作画監督

たかはしまなか

作画監督

馬越嘉彦

作画監督

高岩淡

製作

泊懋

製作

山科誠

製作

鳥山誠

製作

関弘美

企画

桜田博之

プロデューサー補

高梨洋一

製作担当

本郷あきよし

原案

吉田玲子

脚本

小野谷武

デジタル撮影監督

中得覚

デジタル撮影

西山茂

編集

蔵本貞司

録音

澤田隆夫

美術監督

行信三

美術監督

北山礼子

美術進行

有澤孝紀

音楽

西川耕祐

選曲

小川真美子

スクリプター

下川信裕

デジタル特殊効果

伊藤克己

音響効果

今野康之

音響効果

奥田維城

音響効果

君島繁

作画監督補佐

松本淳

作画監督補佐

金子秀一

作画監督補佐

神戸洋行

作画監督補佐

山田起生

作画監督補佐

新田靖成

作画監督補佐

伊東伸高

作画監督補佐

箕輪悟

作画監督補佐

服部豊和

CGプロデューサー

氷見武士

CGアシスタントプロデューサー

宮原直樹

CGアニメーター

渡邉敏雄

CGアニメーター

猪原英史

CGアニメーター

笠野博徳

CGアニメーター

川崎健太郎

CGアニメーター

板坂泰江

色彩設計

長峯達也

助監督

門由利子

助監督

田中雅史

演出助手

和田光司

主題歌

前田愛

主題歌

宮崎歩

主題歌

橋爪恵子

主題歌

作品データ

製作年
2000年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
65分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?