PIKACHU THE MOVIE 2000 ピチューとピカチュウ|MOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • PIKACHU THE MOVIE 2000 ピチューとピカチュウ

PIKACHU THE MOVIE 2000 ピチューとピカチュウ

2000年7月8日公開,24分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

おなじみピカチュウが、都会のポケモンたちと繰り広げる冒険を描いたジュブナイル・アニメーション。監督は「劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕」の湯山邦彦。田尻智による原案を基に、「ピカチュウたんけんたい」の園田英樹が脚本を執筆。撮影監督に「人狼」の白井久男があたっている。声の出演に「劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕」の大谷育江の他、ゲスト・ナレーションとして「花のお江戸の釣りバカ日誌」の酒井法子が参加している。尚、本作は「劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王」の併映短篇として公開された。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

サトシたちと一緒に、大都会・ミレニアムタウンの屋上庭園にやってきたピカチュウ。偶然出会ったピチューの兄弟や都会のポケモンたちとタイヤ置き場の秘密基地で遊んでいると、デルビルがやってきて意地悪を始めた。タイヤ置き場を逃げ回るピカチュウたち。ところが、デルビルがタイヤにぶつかって基地が崩れそうに。このままでは、みんなの遊び場が壊れてしまう。そこで、ピカチュウはピチューや都会のポケモンたちと崩れそうになる基地を支えるが、なんとデルビルもその仲間に加わったのである。みんなが力を合わせたお陰で、基地は無事に元通り。その後、屋上庭園に戻ったピカチュウは、サトシたちがピカチュウと出会った日を記念して開いてくれたお友達記念日のパーティで、またまた楽しい時間を過ごすのであった。

スタッフ

湯山邦彦

監督

浅田裕二

演出、絵コンテ

一石小百合

キャラクター・デザイン

松原徳弘

キャラクター・デザイン

杉森建

キャラクター原案

藤原基史

キャラクター原案

森本茂樹

キャラクター原案

吉田宏信

キャラクター原案

太田敏

キャラクター原案

西田敦子

キャラクター原案

斉藤むねお

キャラクター原案

吉川玲奈

キャラクター原案

玉川明洋

作画監督

河井常吉

製作

富山幹太郎

製作

坂本健

製作

宮川鑛一

製作

福田年秀

製作

八木正男

製作

久保雅一

エクゼクティブ・プロデューサー

川口孝司

エクゼクティブ・プロデューサー

吉川兆二

プロデューサー

松迫由香子

プロデューサー

盛武源

プロデューサー

福田剛士

アシスタントプロデューサー

井口憲明

制作担当

太田昌二

制作担当

奥野敏聡

アニメーションプロデューサー

神田修吉

アニメーションプロデューサー

田尻智

原案

石原恒和

スーパーバイザー

小田部羊一

アニメーション監修

陣内弘之

設定協力

川村久仁美

設定協力

野本岳志

設定協力

園田英樹

脚本

白井久男

撮影監督

池上元秋

撮影

前原勝則

撮影

大籐哲生

撮影

野口博志

撮影

池上伸治

撮影

はい島尚久

撮影

島田隆志

撮影

久野利和

撮影

矢澤昌二

撮影

粟倉正文

撮影

西山朋広

撮影

山口則和

撮影

出井久美子

撮影

折笠裕子

撮影

白井祐司

撮影

権田光一

撮影

吉田寛

撮影

戸田裕之

撮影

森本由美子

撮影

河原孝夫

撮影

豊永有希

撮影

平田孝之

撮影

菅原徹

撮影

辺見俊夫

編集

三間雅文

音響監督

南沢道義

音響プロデューサー

西名武

音響プロデューサー

安藤邦男

整音

小林七郎

美術監督

小林プロダクション

美術

たなかひろかず

音楽、音楽プロデューサー

島健

音楽

中島正之

特殊効果

神保大介

音響効果

小学館ミュージック&デジタルエンタテインメント

CG制作

スタジオコクピット

デジタルアニメーション

鹿住朗生

3Dアニメーション

水端聡

3Dアニメーション

安生健一

3Dアニメーション

根津智幸

3Dアニメーション

鴫原大輔

3Dアニメーション

奥村朗展

3Dアニメーション

佐藤誠

3Dアニメーション

辻本由美

3Dアニメーション

阿部峰子

3Dアニメーション

吉野記通

色彩設計

岡田初美

色指定

ネオ★ポケッツ

主題歌

酒井法子

主題歌

竹中直人

主題歌

作品データ

製作年
2000年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
24分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?