絞殺魔|MOVIE WALKER PRESS
MENU

絞殺魔

1968年12月17日公開,117分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジェロルド・フランクのノンフィクション「ボストンの絞殺魔」を「ベケット」のエドワード・アンハルトが脚色、「ドリトル先生不思議な旅」のリチャード・フライシャーが監督した。撮影は「キャメロット」のリチャード・H・クラインが担当し、音楽は使われていない。出演は「おれの女に手を出すな」のトニー・カーティス、「合併結婚」のヘンリー・フォンダ、「暴力脱獄」のジョージ・ケネディほか。製作は演劇人で映画はこれが初めてのロバート・フライア。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ボストン。1962年6月あるアパートの一室で年配の女工が何者かに絞殺され、死体は半裸で犯されていた。早速、ディナターレ刑事(ジョージ・ケネディ)らが捜査に当ったが手がかりは得られない。続いて同じ手口の絞殺事件が5件も起こり被害者はいずれも年配の女性。そこで検事総長補佐のボトムリー(ヘンリー・フォンダ)が捜査本部長に任命された。だが事件は、いっこうに解決の糸口さえみつからず、続いて今度は、若い娘ばかり5人が絞殺された。事件は迷宮入りになるかにみえたが……。一方、アルバート・デサルボ(トニー・カーティス)のアパートでは、彼が妻と2人の子とともにテレビで故ケネディ大統領の葬儀を見ている。目に涙さえうかべてじっと見入っているが、どうやらこれが絞殺魔の正体らしい。やがて彼は車で外出し、またまた2人の女性を絞殺した。その後も彼は性こりもなく、ある女の後をつけまわし、パトロール警官にあっさりと捕まった。絞殺魔逮捕で、ボストンの街は、やっと平静に戻ったのであるが、犯人デサルボは精神分裂症患者であると診断され、殺人犯としては起訴されるに至らなかった。彼の罪名は家宅侵入と婦女暴行罪なのであった。

作品データ

原題
The Boston Strangler
製作年
1968年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス
上映時間
117分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?