淀川長治物語 神戸篇サイナラ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

淀川長治物語 神戸篇サイナラ

2000年9月30日公開,106分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

 98年11月に惜しまれながらこの世を去った映画評論家・淀川長治の自伝を、大林宣彦監督が映像化。生涯を映画に捧げた男の波乱に満ちた少年時代をドラマチックに描く。

映像の魔術師・大林宣彦の世界【『海辺の映画館-キネマの玉手箱』特集】

映像の魔術師・大林宣彦の魅力に迫る PR

余命3か月を宣告されながらも、故郷である尾道を舞台にした超大作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』を完成させ、今年4月10日に82年の生涯に幕を下ろした大林宣彦監督。本特集では大林監督が手掛けた作品群から、その平和へのメッセージを解き明かす。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

 神戸で老舗の芸者置屋・淀川家に生まれた長治。活動写真と出会い、とりこになっていくが、米騒動、関東大震災などの余波を受け、家は破産。さらには姉の家出、弟の自殺という不幸に次々に見舞われることに。

キャスト

作品データ

製作年
2000年
製作国
日本
配給
PSC
上映時間
106分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?