柔らかな頬|MOVIE WALKER PRESS
MENU

柔らかな頬

2001年7月14日公開,201分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

失踪した娘を探す人妻の内面を描くドラマ。監督は「ドッグス」の長崎俊一。桐野夏生による第121回直木賞受賞の原作を、長崎監督自身が脚色。撮影を「あしたは、きっと...」の本田茂が担当している。主演は「連弾」の天海祐希。尚、本作はデジタルBS局・BS―iのデジタル・ハイビジョン・ドラマとして制作され、『ハイブリッド・ムービー2001』の中で公開された(前篇2001年1月3日、後篇2001年1月4日)。ハイビジョン国際映像祭フェスティバル賞受賞作品。Full HD作品。DLP上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

夫の得意先の会社員・石山と不倫関係にあったカスミは、双方の家族と一緒に北海道の石山の別荘へ旅行に出かけた際、大胆にもそこで彼と肌を重ねる。「石山とこのまま一緒になれるなら夫も子供も捨てていい」と石山の腕の中で思うカスミ。だが翌朝、娘の友香が失踪した。後悔に苛まれながら娘を探すカスミだったが、手掛かりすら掴むことは出来なかった。あれから4年、今も友香を探し続けるカスミを取り巻く状況は随分と変化していた。夫との間に出来た埋め難い溝、連絡の取れなくなった石山は離婚していると人づてに聞いた。そして友香が失踪したのと同じ日、北海道へ赴いたカスミは、胃ガンに冒され余命幾ばくもない元刑事の内海と共に、友香探しに出かける。旅の途中、ふたりは様々な推理を巡らす。犯人は、不倫に勘づいた石山の妻か? 別荘地のオーナー・和泉か? ロリコン疑惑のある管理人・水島か? 妻の不貞を知りカスミの両親と結託した夫か? それとも、平和な村に退屈した若い駐在か? やがて、カスミは気づく。実は、自分は友香を探しているのではなく、自分自身を探しているのではないかと.。内海が死んだ。結局、友香の行方も犯人も掴むことは出来なかった。だが、友香への気持ちを整理したカスミは、今度は自分を探す旅に出るのであった。

作品データ

製作年
2001年
製作国
日本
配給
BS-i=オフィス・シロウズ
上映時間
201分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?