過去のない男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

過去のない男

2003年3月15日公開,97分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

昨年のカンヌ映画祭でグランプリと主演女優賞に輝いた人間ドラマ。フィンランドの鬼才アキ・カウリスマキ監督が巧みな笑いを織り交ぜ、記憶喪失者の新たな人生をつづる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

列車でヘルシンキにやって来た男が、暴漢に襲われて記憶を失ってしまう。粗末なコンテナで生活することになった彼は、イルマという女性に思いを寄せるようになり、貧しいながらも充実した日々を過ごしていく。

作品データ

原題
Mies Vailla Menneisyyttä
製作年
2002年
製作国
フィンランド
配給
ユーロスペース(TBS=トライエム=博報堂=ユーロスペース 提供)
上映時間
97分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    矢口渡

    3.0
    2013/6/30

    死んだと診断された男(マルクベルトラ)が、起き上がったり、また倒れて見つかったり、最初はよくわからなかったが、要はラブストーリー。女優陣も重厚で、感情を抑えながらも表現している。全編笑顔が少ないお話しなのに、観終わってから、いやじゃない。静かで淡々とした演出のカリウスマキ監督の深みのある映像世界に入り込んでいく。救世軍の音楽も、だんだん昭和演歌のように。となると、渋い主役は殿キンか、ぴんからトリオか?日本酒飲みながら寿司を食べるシーンの箸遣いは、ぎこちないが日本へのオマージュかも。かもめ食堂もフィンランドだし、日本と関係深いのかしら。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    たけ

    4.0
    2007/7/12

    記憶を無くした男が、苦悩や絶望することなく、次々と生じる問題に向かってひとつひとつ淡々とクリアし、生きていくための用意だけでなく、希望や愛を見出していく姿には心を動かされた。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告