腰抜け顔役|MOVIE WALKER PRESS
MENU

腰抜け顔役

1950年6月13日公開,88分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

競馬のノミ屋をめぐるコメディ。デーモン・ラニョンの原作の映画化で、脚本はメルヴィル・シェイヴェルソンとエドモンド・L・ハートマン、ジャック・ローズが共同で執筆。製作はロバート・L・ウェルチ、監督はシドニー・ランフィールド、撮影はダニエル・L・ファップ、音楽はロバート・エメット・ドーランが担当。出演はボブ・ホープ、ルシル・ボール、ウィリアム・デマレスト、ブルース・キャボットなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ケチで名の通った馬券屋「ふさぎや」ジョーンズは、金のカタに預かった競馬狂の男スミスの娘マーサを、スミスが顔役のスティーヴに殺されたために、面倒をみることになった。人気の馬ドリーミー・ジョーはスティーヴの持ち馬だったが、インチキがばれて鑑札を取り上げられたので、マーサを仮の持ち主として名義を移し、警察の目を逃れて旅に出る。最初はマーサを迷惑がったジョーンズだが、その無邪気さに惹かれてゆき、すっかり好きになってしまう。昔馴染みの歌手グラディスの助けを得てマーサの親代わりとなるが、スティーヴの放った用心棒サムがマーサの命を狙う。マーサを守ろうとするジョーンズだが、非常バシゴから落ちてマーサは瀕死の重傷を負う。マーサがうわ言でドリーミー・ジョーの名を呼ぶのを聞いたジョーンズは、勇気と知恵を絞って競馬場からドリーミー・ジョーを奪い取り、マーサの枕もとへ連れてくる。そのいななきで、マーサは昏睡から目覚める。スティーヴ一味は警察に逮捕され、グラディスと結婚したジョーンズはマーサを養子にするのだった。

作品データ

原題
Sorrowful Jones
製作年
1949年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
88分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?