殺人の追憶|MOVIE WALKER PRESS
MENU

殺人の追憶

2004年3月27日公開,130分
PG-12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

'03年の韓国で社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した緊迫のサスペンス。実際に起こった未解決の殺人事件を題材に、連続殺人犯を追う刑事たちの執念と挫折感を描き出す。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

'86年。ソウル近郊の農村で猟奇的な殺人事件が発生。地元刑事パクとソウルからやって来た若手刑事ソは、対立しながらも捜査を行なうが、彼らをあざ笑うかのように被害者が続出。そんなある日、有力な容疑者が浮上する。

作品データ

原題
Memories of Murder
映倫区分
PG-12
製作年
2003年
製作国
韓国
配給
シネカノン
上映時間
130分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2020/11/24

    2020.11.24.鑑賞 2004年キネマ旬報ベストテン外国映画2位222点 泥臭いコテコテの韓国映画ですね。映画は、えっ!これで終わり!犯人は?という感じであっけなくENDでしたが、鑑賞後初めてモチーフとなった「華城連続殺人事件」の犯人が1919年になって、刑務所に収監されていた人物が特定され、34年に及ぶ捜査に終止符が打たれたことを知りました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ヨービー

    3.9
    2020/2/24

    実際に起こった事件を元に作られているとのことですが、当時の捜査方法や解決に迫った模様や情景が上手く描かれてました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    4.0
    2020/1/2

    年末のテレ東放映を鑑賞。画面が綺麗。
    田舎の泥臭刑事と、ソウルから来たエリート刑事の対比がいい。
    日本の感覚から離れた、暴走はみ出し刑事に加えられる天罰と、容疑者転じて目撃者の悲惨な運命。
    冷静だったソウル刑事が、一瞬にして狂気に変わってしまった痛ましい少女の悲劇。
    ちょっと日本にない、農村と工場が同居する不思議な舞台設定。工場の彼氏に傘を届けに行った哀れな犠牲者とか。
    80年代後半だと、韓国は官憲の人権抑圧が酷い軍事政権下。被疑者を逆さ吊りにして自白なんて日常風景だったのかも。
    最初の排水溝がラストに繋がる。それがタイトルと重なる。映画的には、やがて犯人逮捕のようにも思えるし、12年前の主人公(田舎刑事)の判断は正しかったという安堵でもある。余韻が残ります。
    前半は混沌として、後半は容疑者が絞られるスリリングな映画。
    あくまで韓国映画なんで独特の浪花節に包まれる映画。
    P.S. ポン・ジュノのインタビュー番組を見ていたら、モデルとなった華城連続殺人事件の犯人特定ですと!
    顔を見て、何とも言えなくなったんですと、ポン監督によれば。
    「パラサイト」公開のタイミングにうまく合わせたかのよう。

    違反報告