-less レス(2003)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

-less レス(2003)

2005年6月4日公開,85分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

故郷でクリスマスを祝うためにドライブする一家が、近道のつもりで森を抜けたために思いもよらない恐怖に晒されるサスペンス・ホラー。出演は、「ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最後の7日間」のレイ・ワイズ、『アリー・myラブ』のアレクサンドラ・ホールデンほか。監督は新進気鋭の若手コンビ、ジャン=バティスト・アンドレアとファブリス・カネパ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

クリスマス・イブ、毎年恒例になっている親戚の家でのパーティーに出席するため、ハリントン一家は車を走らせていた。ただ、今年に限って、いつもより近道をしようと人気のない森を抜けることにする。しかし迷ってしまったのか、行けども行けども目的地に辿り着くことができない。やがて、道端に赤ん坊を抱えた白いドレスの女が立っているのが見えた。道を聞こうと車を止めるが、彼女は答えず、怪我をしている様子だ。助けを呼ぼうとするが、携帯は繋がらない。そして、古びた小屋を発見するが、ここの電話も繋がらなかった。その時、突然悲鳴が聞こえた。娘マリオン(アレクサンドラ・ホールデン)の恋人ブラッドが、何者かによって黒いクラシックカーで連れ去られてしまったのだ。あわてて追いかけるが、そこには、ブラッドの変わり果てた姿があった…。不安と恐怖のなか、車で走り続ける一家の前に、”マーコット”と書かれた標識が現れる。地図で確かめるが、同じ名前の町はない。ふと時計を見ると、全て19時30分で止まったままで、何故かタイヤもパンクしてしまう。修理する父フランク(レイ・ワイズ)をよそに、息子リチャード(ミック・ケイン)は森に入っていった。すると、再び黒いクラシックカーが通り過ぎる。今度は、リチャードを乗せて。だが、必死の追走も虚しく、リチャードも無惨な姿で発見される…。愛する息子を亡くしたショックで、精神的におかしくなってしまった母ローラ(リン・シェイ)は、ふとした瞬間に防犯用のショットガンを見つけ、はずみでフランクの足を撃ってしまう。もだえ苦しむフランクだったが応急手当てにより運転を再開し、地図と北極星の位置を照らし合わせてマーコットまであと1時間で到着することを発見する。しかし、希望の光が見えかけた矢先、突然ローラが走行中の車から飛び降りてしまう。あわてて車を止めて探しに行くが、あの黒いクラシックカーが現れた。怒りに震えたフランクは、黒い車に向かってショットガンを撃ち放つ。すると、ローラがフラフラと歩いて帰ってきた。しかし、よく見るとローラの後頭部は欠け落ちていて、やがて息を引き取ってしまう…。気が動転して自殺を図ろうとしたフランクは、車を降りるたびに誰かが殺されているので、助かるにはマーコットまで走り続けるしかないとマリオンに説得される。気を取り直し走り出すと、何と最初の山小屋に戻ってしまう。そんな時、何者かの気配に気付いたフランクは車をおりて森の中へ入っていった。残されたマリオンは危険を感じて車を走らせようとするが、とうとうガソリンが切れてしまう。諦めて一人で歩き出すと、道路の真ん中に4つの黒い死体袋を発見する。その中の一つを恐る恐る開けてみると、そこには父フランクの死体が入っていた。呆然とするマリオンの前に、またしても黒いクラシックカーが走ってくる……。

作品データ

原題
Dead End
製作年
2003年
製作国
フランス アメリカ
配給
クロックワークス
上映時間
85分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?