ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男

2006年8月5日公開,103分
R-15
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

27歳の若さで他界したローリング・ストーンズの元リーダー、ブライアン・ジョーンズ。彼の波乱万丈な人生を、謎に満ちた変死事件を通して映し出すサスペンス。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ローリング・ストーンズのリーダーだったものの、音楽性の相違などからバンドの中で孤立したブライアン。情緒不安定に陥った彼のもとへ、監視役兼世話係として建築家のフランクがやって来る。

作品データ

原題
Stoned
映倫区分
R-15
製作年
2005年
製作国
イギリス
配給
ファントム・フィルム=クロックワークス=エイベックス・エンタテインメント
上映時間
103分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    たけ

    2.0
    2007/9/11

    知り合いが、面白いところがひとつもないというので、果たしてそうか見てみた。

    一番大きな問題は、あれだけ面白い材料があるのに、全然料理できてないということである。監督は果たして、ブライアン・ジョーンズの人生、そしてまた人間性や内面に入りこむことが出来たのか?

    フランク(ブライアンを殺したといわれる人)の描き方がまずい。彼は激しい嫉妬と羨望の感情を抱いたのではないのか?そのへんが曖昧。
    目が点になったのは、フランクがブライアンを殺める場面を、マネージャーやらレンガ職人やら、雁首そろえて茂みでみてるシーン。んな不自然なこと、絶対ありえん。子供向けアニメじゃないんだから。それとも、私の見間違い?だとしたら、誰かツッコミ入れてください。

    しかしながら、映画としての不出来に関わらず、俳優さんたちはきれいだったし、60年代の空気が吸えておもしろかった。音楽もよかったし、見ていて嫌な映画ではなかった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告